ほとり日記

2017年1月からの日記

今日も光の速さで終わった

涼しくて早めに目がさめる。わりとすっきりとした感覚。昨日鍼に行ったせいか。とはいえ、めざましのなる時間まで起きたくないので、布団で目を閉じたまま過ごす。

夫の弁当を詰めて、送り出し、洗濯機を回す。雨続きで洗濯物のにおいがとれないので、昨日から酸素系漂白剤をつかってみている。

伊集院のラジオを聴きながら梅醤番茶で体を温めて、朝刊を読む。週末に買った浅煎りのコーヒーを淹れる。薄めに淹れたせいもあるだろうけど、あっさりとして朝にはいい気がする。

出社して同僚と打合せ2つ。おなかがすかず、昼食を食べないまま夕方に。さすがにおなかがすいてサンドイッチをつまむ。

夕方、同僚と雑談と仕事の間のような話をする。新しく入った同僚が頼もしく、とても助かる。

同僚たちが帰った後、残って仕事。今日も遅くなってしまった。明日は早く帰ろう。

ミュージックプレゼント

7時半すぎに起きて、夫の弁当を詰める。

夫を送り出したあと、部屋の掃き掃除と拭き掃除。トイレも掃除して、きもちがさっぱりする。相変わらず食卓の上は物がつみあがってげんなりする。

ラジオの生中継を見にでかける。人がまばらだったが、だんだんと集まってくる。会場内に入る人が思いのほか少なく、50センチくらいの距離で生中継を見る。中継のおっかけらしい30-40代の人も何人か。

中継が終わった後の雑談も聞く。年寄り同士の古い話はおもしろい。一緒に写真を撮ってもらい、おみやげをもらって帰る。

空腹を覚え、区役所の食堂に入ってみようと思い定食を食べるが、たいしておいしくもない。ふつうの店に入ればよかった。

帰宅して、職場で借りてきた映画のDVDを観る。何度も寝落ちしてしまい、戻して見直す。別のドラマで印象に残っていた女優が出ていた。

夜、近所の鍼灸整骨院に行く。夫の前の職場の人がいいと言っていたらしい。外の看板は割れているし、入り口にはキャットフードが置いてあるし、少し不安になったが、以前別のところで紹介された名人みたいな人のところはもっと怪しげだったなと思い直す。

腰の筋肉のハリの左右差から足の長さに差が出ていること、坐骨神経痛が出ていることを指摘される。股関節の動きに左右差があることと、足にしびれがあることは自覚していた。腰、尻、もも、ふくらはぎなど下半身を中心に施術され、だいぶ動きが滑らかになった。

 帰宅して、湯豆腐、うどんで夕食。

小さな黒猫がまぎれこんだ

夫の実家で朝を迎える。7:30すぎ、夫の父が町内の用事のためにでかける声がする。出かけた後にトイレに起きると、物置から子猫のような鳴き声が聞こえてくるので見てみてほしいと夫の母から頼まれる。まだ本格的に起きるつもりはなかったが受ける。

物置に行くと、にゃぁにゃぁと鳴き声が聞こえる。わりと声はしっかりしているが、ふだん聞く近所の猫たちの声よりも幼い印象。声をかけながら物をどかしていくと、20センチ強の小さな黒猫の姿がちらっと見える。怖がってものかげに隠れてしまうので、いくつも物をどかさないといけない。

隣の敷地との境のブロック塀に、一箇所隙間があいていて、そこから段差をおりて物置に入り込んで戻れなくなっているらしい。姿が完全に見える状態になると、段差をあがって戻ろうともがいていたが、意を決したのか、びゅんっと飛び出してきて姿を消した。

ブロック塀の隙間を塞ぐように別のブロックを置き、荷物を戻す。起き抜けに力仕事をして腰が痛い。

屋内に戻り身支度をして、夫とその母と車で出かける。チェーン店のおいしいパンケーキ屋があるらしい。

食後、夫の母の留学用のこまごまとしたものを買いに郊外の大きなモールへ。週末のモールは小さな子どもを連れた同世代の親たちが多い。ついでに夫の靴を買う。

家へ戻り、帰る支度をする。その間、庭の方から猫の鳴き声がする。朝の子猫か。庭になっているイチジク、冷凍した手作りの餃子などいろいろもらう。

駅まで送ってもらう車に乗ろうと外に出ると、隣の家の床下から子猫の鳴き声がさかんに聞こえる。朝の猫だ。母猫を呼んでるんじゃないかと思うと不憫になる。

途中の駅で夫と別れ、先に帰宅する。腰痛が悪化。前かがみになると痛みが走るようになる。

帰宅して、もらってきた食料をしまい、シャワーを浴びる。少し昼寝をして、もらってきた大量のニラの仕分けをして、茹でたり、明日の弁当用に卵焼きにしたり。

夜、散歩を兼ねて夫と遠くの薬局へ歩く。途中、長年聞いているラジオ番組の中継が来ることを知る。ラーメンを食べて、コンビニでアイスとデザートを買って帰宅。

ニーパイポー

まだ6時台なのに夫に「電話鳴ってない?」と起こされたが、鳴っていない。たしかに振動音が一定の間隔で聞こえてくる。どこかの家の洗濯機の音らしい。気になってしばらく寝つけず。早朝に洗濯機を回すのは控えようと思いながら眠る。

10時すぎに起きて風呂に入る。腰から尻にかけてのハリがひどい。

昼から夫とでかける。以前住んでいたマンションの近くにあった四川料理屋の厨房で働いていたNさんが最近開いた四川料理屋で昼食。汁なし担々麺を頼む。

久しぶりに会ったNさんはあいかわらず日本語を話さず、にこにこしていた。夫が麻婆豆腐を辛がっていたら、2人分のアイスクリームをサービスで出してくれた。四川から神戸に留学中で夏休みだから来ているという息子さん、奥さんも店に出ていて挨拶をした。店で唯一日本語を話せる山東省出身だという若い男性は、頭のよさそうな人だった。

夫の母の誕生日プレゼントの手ぬぐい、試飲をしていたコーヒー豆のドリップパックを自宅用に買い、夫の実家へ。

実家を訪れるのが半年ぶりくらいになるので、「あんまり久しぶりで忘れられたかと思った」と言われる。

たまたま見た甲子園の中継で、仙台育英大阪桐蔭の9回裏、劇的な幕切れ。なんのよしみもないのに一瞬もらい泣きする。

夫の母が来月1ヶ月アイルランドに留学するので、そのための準備をあれこれ。夫がfacetime やiMassageの使い方を教えていた。私からはスティックタイプのインスタントコーヒー類と顆粒のみそ汁をAmazonで買ってプレゼントした。

テレビで小学生空手の全国大会決勝戦を見る。だんだんくせになってくるおもしろさ。体幹がものすごくしっかりしている。演舞に入る前に、形の名前を「ニィパイポォー!」「クルルンファー!」と訴えかけるように大きな声で言うのが独特。

都内各所で大雨。ここも雨がひどいので帰るのを断念して、数年ぶりに泊まる。

広告を非表示にする

よくおぼえていない

早いシフトなので、7時には出社。実質今日が〆切の作業が大量にあるのだが、夕方まで手をつけられず。

会議二本を終えて、夕方から根を詰めての作業。22時すぎまでかかる。

他にどんなできごとがあったのか、何をしたのか、どうにも思い出せない。

広告を非表示にする

形のよく似たもの

本当はがんだったことが母にばれかけて、必死で隠そうとする夢を見て目をさますが、まだ眠れると思い再び眠る。

今日は夫の弁当を作らなくていい日なので、自分の弁当もさぼって遅くまで寝た。

夫を送りだすのに合わせて起き出し、洗濯機を回す。今日はもう雨は降らないらしい。生乾きの夫のシャツが異様に臭いらしいので、他のものと一緒に洗う。臭いがとれるといいけど。

昨夜のTBSラジオ「Session-22」をradikoのタイムフリーで聴く。テーマは「結婚差別」。部落出身者の結婚に関する差別のことだ。番組を聴くまでテーマの意味をまったく理解していなかった。

番組が進むほどに、自分が結婚したときのこと、知人が離婚したときのこと、別の知人が再婚したときのこと、次々と思い起こされてくる。

結婚て、当人同士の意思で決めるものだと今も思っているけど、親や兄弟姉妹、その他親戚(番組で紹介された事例には、妹の交際相手の親、というのもあった)が当人たちの結婚に対して「反対する」「許さない」「条件をつける」ということはそもそもどういうことなんだろうと思う。その前提にあるであろう「人の意思や行為を他者が制限できる」という発想がよくわからない。

それと差別のこと。具体的なトピックは違えど、差別の構造はよく似ているとあらためて思う。

自分の結婚のときのことを思い出し、思いがけず感情がこみあげる。私にとってはけっこうな喪失の体験だったのかもしれないなあと思う。思い返しても仕方がないし、考えすぎ、期待しすぎなだけのようにも思う。

出社。元々余裕のないスケジュールだったところに、急かつ時間をかけた対応が必要なことがらが舞い込む。総出で対応してなんとかしのいだが、状況は進んでいることを改めて実感する。

夜は送別会と歓迎会。少人数でなごやかに過ごす。

広告を非表示にする

あらためて食べるとおいしいもの

目をさましてから1時間以上布団にいた。夫の弁当を詰める時間になりようやく起き上がる。

夫を送り出したあと、もらいもののりんごをむいてヨーグルトをかけて食べる。りんごってあらためて食べるとおいしいよな、とりんごを食べる度に思っている気がする。あなどれない。こういう食べ物って他にもある気がする。バナナもそうだな。

いつもより1時間遅く出ればいいので、ラジオを聴きながらコーヒーを淹れて、冷凍のクロワッサンとスコーンを温める。

出社。余計なことはせずにどんどん作業を進めているつもりだが、やるべきことが多くてなかなか帰れず。通常の仕事の他に、プロジェクト関連の作業が来週にかけて大詰めなのでふんばりどころ。

今日やるべきことはひとまず終わらせて21時退社。

駅で夫と待ち合わせ、定期を買って帰る。秋のような空気だ。コンビニで夕食を買う。味気ない。