ほとり日記

2017年1月からの日記

群衆の中で耳をすます

休みの日ほど早く目がさめる。細部までものすごくリアルな仕事の夢をみてぐったりした。

二度寝をして10時前に起きる。洗濯機を回し、湯豆腐、トマト、ヨーグルト、柿で朝食にする。しばらく週末に仕事が入っていたので、朝食を夫とゆっくり食べるのが相当久しぶりな気がする。朝食自体をまともにとらなくなってしまった。

正午を過ぎて、夫が空腹を訴えるので昼食にする。だいぶ前にもらったイタリア土産のチーズと卵でトロトロのスクランブルエッグを作る。他にレンチンしたコンビーフ、ミニトマト、千切りキャベツ、クロワッサン、ルイボスティー

夕方まで少し時間があるので、編み物に着手する。去年の余り毛糸で、模様編みのレッグウォーマーを作る。約一年ぶりの棒編みで、作り目から思い出さないといけないが、5、6段編むとニットの感触が味わえるようになってきて楽しくなってくる。明日から模様編み部分に入る。初めてなので楽しみ。

夕方、外出ついでに期日前投票へ。報道などで混んでいるとは聞いていたけど、まさかの行列。2階の投票所に続く列が1階のロビーまで続き、ぐるっと巡っている。整理にあたる役所の男性が「私も長年やってるけどこんなこと初めてです」「テレビで勧めてるからね」と話すのが聞こえてきた。明日の台風の中で出かけるのが大変な人は多いだろうけど、今日の雨でもなかなか大変。結局45分くらいかかって投票を終えた。1階に戻るとまだまだ列が続いている。

そのまま、選挙演説を聞きに外出。

期日前投票で予想外に時間がかかってしまい、途中から演説を聞く。至極まっとうな内容とは思いつつも、こんなあたりまえのことをわざわざ演説で訴え、確認しなければいけない、ということにげんなりとした気分になる。ろくでもない時代を生きている。

終盤、同僚に声をかけられて驚いた。あの群衆の中で会うとは。

地元方面に戻り、おでん屋で夫と待ち合わせる。私の術後2年のお祝いの夕食。わりと有名なお店の支店だが、手頃な値段なのがうれしい。甘めの味付けで、どれもおいしい。つまみの料理もいい味。また来よう。

しめのラーメンを食べに行くつもりが、満腹になりすぎたので、腹ごなしにカラオケに行く。1時間のつもりが、楽しくなり2時間にする。結局、おなかはすかず、そのまま帰る。

術後2年目の夕食は天ぷらそば穴子天添え

朝方、足のだるさで目をさます。昨夜風呂に入るのをさぼったからな。

夫のめざましがなったあと、布団の中でスマホをいじり、流れてきた選挙演説の動画を見る。同じものやできごとを見ても、人によって受け取り方が違うということは往々にしてあるが、選挙はそのことをつくづく感じさせる。よく聞く「アメリカの大統領選によって国内の分断が深まった」ということばの実感が迫ってくる。「多様性」「共生」ということばは、いいことばに聞こえるけど、実践するにはなかなかの覚悟のいることばだと思う。少なくとも、自分と相いれないものや人を排除しないようにはしたいけど、まだまだ修行が必要だな。

システムの入れ替えや大きなイベントで残業時間が増えているので、今日は午後からの出社。久しぶりに家でコーヒーを淹れ、3日分の新聞を読む。

出社するのに、寒くて何を着ていくか迷う。服は厚着せず、腹巻き、アームウォーマーをつけることにした。8月以来の長雨、季節外れの寒さには参る。

システムの入れ替え関連で込み入った作業依頼が朝のうちに来ていたのに、取りかかれたのが終業時刻過ぎる頃。結局遅くまで残って作業をする。私は来たものに返事をしていけばいいけど、システム組む側の人は大変な仕事だと思う。

22時に退社。今日で手術から2年、こうして遅くまで働いても心身ともに元気で働けていることが嬉しい。去年よりもその気持ちが大きい気がする。

職場近くの天ぷらのチェーン店で、天ぷらそばに穴子天をトッピング。テンションがあがって頼んではみたものの、途中で気持ち悪くなってきて、ひどくもたれた。完食。

去年は今ほど気持ちが健康ではなかった。1年前の日記を読み返すと、今の方が格段に元気で、時間の力を感じる。辛かろうがやりすごすしかない時期というのがきっとあるのだと思う。この先、苦境に立たされた時にそのことに思いが至るとよいのだけれど。

がんに関するニュースや情報に目が行きがちなのは相変わらずだけれど、極端に揺さぶられるようなことはなくなったと言っていいと思う。

もう病気したくない、という腰のひけた気持ちはあいかわらず。夫や家族が死ぬのを極度に恐れるのは、あいかわらずどころか、ひどくなっている気がする。自分でもどうかと思うけど、どうしようもない。

今日も冬の寒さが続く

朝一での仕事があり、いつもより早く出社。今日も冷え込んでいる。

会議、来客が続き、隙間時間に昼食を流し込む。会議も来客も込み入ったものばかりだったが無事に終わった。

終業時刻を越えてようやくまとまった時間がとれたので、資料作りを1つ終わらせる。急ぎのもので溜めていたものは明日でひと段落か。

惣菜を買って簡単に夕食を済ませる。

明日で舌がんの手術から2年。金曜日だし、おいしいものでも食べて帰りたい。

疲れがとれない

目を覚ましても、体がじーんとして重い。まだ疲れがとれていないようだ。どろっとした眠さもあって、なかなか起き上がれない。昼からの出社なのに、ぎりぎりまで眠ってしまった。

イベント関連の仕事を優先してきて、後回しにしていたシステム関連の仕事を片付けていくが、なかなか難しい。システムが変わるというのは大変なことなのだな。

休みの日の分のキャッチアップ、苦情対応、会議などをしていくうちにもう夜。今週はあと2日しかないけど終わるのだろうか。

家族関係で苦しい時間を過ごしたという知人から連絡。今までそんな話したことなかったけど、生きづらさの核のようなものがそのあたりにあるのだろうな。私も家族の影響は強く受けているという自覚はある(少なからず受けるものだろう)。子どもの頃はふつうのお父さんのいる家庭がうらやましかった。今ではこういう家庭で育ったから今の自分があるのだよなあとは思う。悪い気はしていないけど、もう少し楽な気分で生きられたらいいなあと思うときはある。

寝不足と疲れがたまるとろくなことを考えないので、早く寝よう。

なんか黒いと思ったら全員男性だった

昨夜寝たのが遅かったので、なかなか起きられず。夫を布団から見送ったあと、10時近くなって起き上がる。今日も寒そうだ。

歯をみがいて、緑茶を淹れる。

雨は午後からあがるらしいので、たまった洗濯物を洗濯機へ。一回では終わらない量だ。ここのところ忙しくて部屋の掃除をしばらくしていない。洋裁の糸くずやほこりがひどいので、掃き掃除をする。読んでない本や雑誌が多すぎてげんなりする。

トマトと柿を食べて外出。温泉施設にいくついでに足をのばして、選挙の街頭演説を聞きにいく。

今回の選挙ではなかなか演説に行きあたらず、初めて聞く候補者。現役議員の応援演説も含めて、すべて聞き、一応の納得感を得る。司会や応援者としてならぶ国会議員都議会議員が全員男性だった。変なの、と思う。

薄着で長く外にいたので体が冷えきってしまった。温泉施設で体を温める。

湯上りに、横になるスペースに行くと、大半が男性。なんとなく違和感を感じつつもしばらく横になる。立ち上がろうとした瞬間に、「女性専用スペース」と書かれた扉があることに気づく。何年も来ていたのに、気づかなかった。

空腹をおぼえ、駅の近くの店に入る。ケーキも売ってるパン屋かと思って入ったらケーキ屋だった。レモンパイとコーヒーを頼む。バナナがきいていておいしい。

明日の弁当用に商店で豚肉、ミニトマト、みょうがを買って帰宅。 
夕食用に身欠きにしんを焼きながら、弁当用に豚肉とみょうがの甘酢炒めを作る。栗ごはん、身欠きにしん、甘酢炒めで早めの夕食にする。

母から電話。向かいの家のユキちゃん(犬)がいなくなってしまったらしい。ブリーダーの元で、長い間劣悪な環境にいたらしく異常におとなしかった。初めて会ったときはおとなしすぎて気の毒でならなかったけれど、しばらくぶりにあったときには少しふっくらして安心しているようすが伝わってきて、いいお家にもらわれてきたね、と思ったのだった。家の人が外出するときにドアが開いていて、帰ってきたらいなかったらしい。寒いし、心配。早く帰ってきてほしい。

 1週間ためていた新聞をまとめて読む。聞き逃していたラジオ番組もいくつか聴く。マニフェスト読み比べの番組がおもしろい。選挙一色の1日だった気がする。

荒んだ気持ちが軽くなる

布団の中で、音楽系のメディアの政治家インタビューを読む。まじめないい記事だと思う。

寒いらしいので、作ったばかりのウールニットのドルマンブラウスを着て出社するが、ウールとはいえ五分袖なので寒い。中にヒートテックとか着たい。

午前中来客。午後も来客。昼食をとるタイミングを失ったまま夕方になる。夕方に会議があり、長引く。

明日は休みなので、日中手付かずになっていたもろもろを片付けていくうちに、遅くなってしまう。

日付が変わる頃に退社。帰りの電車で、酔っているらしい乗客がつり革につかまったまま揺れている。はずみでこちらにぐらついてきたので思わず声が出てしまい、近くにいた他の乗客と目を見合わせて笑ってしまう。上司と話し込んで帰宅時間が遅くなってしまい気持ちが荒んでいたのが、ふと軽くなる。

明日は洗濯と部屋の掃除をしよう。生活が荒れている。

iPhone発売日かと思った

いよいよイベント当日を迎える。

慌ただしいながらも準備が例年以上に順調に進み、蓄積を感じる。途中で買い物をしたりしゃべったり、楽しいうちに一日を終える。片付けもものすごい速さで終わり、この日のために集まった見ず知らずの人がこれだけ協力しあえるというのがすごいことだと毎年感銘を受ける。

同僚とタクシーに荷物を積んで職場に戻る。例年よりも1時間近く解散。

細かい改善点はあったけれど、今までで一番スムーズに進んだ。

そういえば、開場のときにスタッフから拍手がおこり、iPhone発売日みたいで笑った。あんな風に開場したの初めてじゃないかな。

最寄駅近くの喫茶店にいた夫と待ち合わせて、コンビニで夕食を買って帰宅。おいしそうだと思ったら、予想外に辛い。そんなつもりじゃなかったのに。

風呂に入って1時前に就寝。