ほとり日記

2017年1月からの日記

でたらめな韓国語をしゃべる

イベント仕事で遅刻できないため、早めに目がさめてしまう。8時のめざましをとめて身じたく。体力を消耗する一日になるので、ふだんよりもかなり多めの朝食をとる。

10時からイベント。30度近くなるという予報通り、朝から日差しが強い。半袖でいるとひりひりしてくる。帽子をかぶってきたけれど、日焼けしそうだ。

たまに買い物をしたりしながら仕事。懐かしい人とも会う。雲一つなく晴れ上がり、茂る緑とよく映えて、きもちも晴れ晴れとしてくる。

イベントを終え、職場に向かう。混雑する駅の券売機の前で立往生している若い女性の2人組。外国人なんだろうなと思って、一応英語で話しかけてみたら、一瞬困ったような表情で口ごもった後、「オダイバ」とだけ返ってきた。そのイントネーションが韓国語話者のものだったので、覚えている数少ないフレーズから「韓国から来られたのですか?」と話しかける。このフレーズは口が完璧に覚えているので、流暢な韓国語話者みたいに聞こえただろう。相手の表情がぱっと明るくなり、思わずこちらも嬉しくなる。とはいえ、学生時代に学んだっきりの韓国語なので単語もおかしいし、数詞と数助詞もちぐはぐで、ひどくでたらめだ。相手のスマホの乗換え案内を見ながら、どうにか目当ての切符を買う。後から本当にあの切符であっていたのか心配になる。気を抜くとすぐうっかりするので、言葉の問題以前に切符を間違えて買う可能性がある。

月曜、火曜と休みなので、職場に戻って仕事。思っていた以上にやることがあり、見込みより1時間長くかかる。一日中陽に当たりひどく消耗した頭でやるデスクワークは疲れる。

夫と待ち合わせて近所のタイ料理屋で夕食。小さな店ながら何を食べてもおいしいのでつい食べすぎる。

夫の定期を買いがてら二駅歩いて帰る。

 

朝/玄米、納豆、生卵、新玉ねぎの甘酢漬け、にんじんの甘酢漬け、牛乳、栄養ドリンク

昼/玄米おにぎり

おやつ/アイスコーヒー、クッキー

夕/

 

 

すばらしきなんともない1日

歯医者があるのが気になり、めざましの鳴る前に目がさめる。足の先までだるく、なかなか起きられない。

二度寝から起きて入浴。スクワット7日目、80回。

11時から歯医者。舌もリンパ節も異常なく、歯石とりで終わり。今日もK医師はゴシッパー感を醸し出していて、人間ってこうだよなあと思いながら帰る。

朝から気温が高く、歩いて帰るには日差しが強い。あてにしていたカフェがイベント前日で休みで、商店街でサンドイッチかなにか買って帰るか…という気分になる。通りがかった老舗の鶏肉屋で夕食用にもも肉を買い、店先で焼いているレバー串をその場で食べる。パン屋をのぞくが食べたいと思えるものがなく、家にあるものでいいか…と思い始める。カフェにも行かず、食事も買わないなら、花でも買おうと花屋へ。なんとなく黄色い花がほしくなり、ミニブーケを買った。

オリーブオイルが切れていたことを思い出し、スーパーに立ち寄る。入口で売っていた新玉ねぎに惹かれてつい手に取り、卵も豆腐もなかったんだった、などと手にしているうちにずいぶん重くなってしまった。

せめてあまいもの、柏餅でも買って帰るつもりだったが、年末に買ったままの小豆があるのを思い出し、帰って煮ることにする。

帰宅して、まずは洗濯から始める。衣類、寝具、マット類の3回転。その間に布団を干し、部屋の掃き掃除、さらに久しぶりに拭き掃除もする。ミントのオイルを垂らしたタオルで拭いて、さっぱりした。からっとした晴天、清潔になっていく部屋、気持ちがせいせいする。

小豆を煮る。豆の6割の量の砂糖だとちょっと甘みが強く感じるけれど、つやつやに仕上がってなんともおいしそう。冷凍庫に長く置いてあったトックを茹でて、小豆をかける。出かけていた夫がちょうど帰ってきたので一緒に食べる。

夕飯は蒸し鶏。他の食材の準備の前に新玉ねぎをスライスして甘酢につけて置く。鶏肉を蒸す時にニンニクを入れて、ニンニクが入ったままの蒸し汁に醤油を足して火を入れたタレを、新玉ねぎの上からかけたのがとてもよかった。

やりたい家事を全部やり、平和な1日を終える。いい日だった。

 

昼/サンフルーツ

おやつ/トック入りぜんざい

夕/玄米、きゅうりの古漬け、蒸し鶏、レンチンキャベツ、スナップえんどう、新玉ねぎ、にんじんの甘酢和え

初めての食べ物は楽しい

少し早めに出社して臨時で打合せ。その後、予定していた会議と骨の折れる作業に入る。踏ん張りどころなので、なんとかこらえてやるべきところまで終える。

ただでさえ立て込んでいるのに、予定外の来客が入り、無理やりねじ込んで1日を終える。

夜は、学生時代の友人と食事。1月に偶然再会して、ようやく食事の約束をした。仕事、音楽、旅行の話など。きっとフィンランドが好きだろうと言われ、街や海の写真を見せてもらい、すっかりその気になる。たしかに好きそう。

適当に入ったアフリカ料理屋、食べたことのないものばかりでおもしろい。また行ってみたい。

寝る前にスクワット70回。6日目。

朝/ホットカルピスミルク

昼/天丼

おやつ/コーヒー、チョコレート、クッキー

夕/アフリカ料理

自分が自分であることを支えるもの

ひどい寝汗で数回起きる。パジャマで首や上半身の汗を拭ってはまたすぐに眠りに落ちる。

7時半のめざましを止めて、うつらうつらする。布団の中で「Webでも考える人」を読む。翻訳家・村井理子の連載「村井さんちの生活」が更新されていた。心臓の手術をするのに転院した日のことが書かれている。

——

よくわからないこだわりで、私はこの日も一人で病院にやってきた。心臓手術であっても、一人で入院して、一人で退院することができると、どうしても証明したかったからだ。

——

とあり、つい読み返す。私のときは体には何の不具合もなかった(舌も体の一部ではあるけども)から私以外の人がいる必要が皆無だったので、入院も退院も一人でするのが当然と考えていた。こういう文章に触れると、入院にまつわるいろいろなことが思い出され、自分のことを自分でするというのは自分が自分であることを支えるとっても大事なことのように思われてくる。

朝食前にスクワット5日目60回。

伊集院のラジオで芸人のプレゼン対決コーナーが始まる。桐畑トールの登場を待っている自分に気づく。いつのまに。

朝刊に目を通してげんなりする。嫌なことしか目に入ってこない。

出社前に書店で友人と姪にプレゼントを選ぶ。かつて、思いがけない贈り物をくれた友人の顔を思い浮かべる。

午後から会議と原稿の戻し。体調がイマイチ。時期的なものだから仕方がない。

日中、スクワットを始めてから肩こり知らずだと同僚たちに豪語していたのに、夜になって体を伸ばした瞬間に背中に強い痛みが走る。完全に痛めた。

夫と待ち合わせて夕食。一度行ったことのあるラーメン屋に寄る。気をつけていても絶対むせるやつだ。

母から、はがきが届いたとLINE。喜んでいてよかった。

明日は学生時代の友人と会うので、着ていく服を決める。気に入っている自作のワンピースにする。

 

朝/にんじんの甘酢和え、さんまの糠漬け焼き

昼/ソーセージパン、鶏肉とトマトのスープ

おやつ/ラスク、クッキー、コーヒー

夕/ラーメン

しつこく怒る

5時過ぎのめざましでぱちっと目がさめる。めざましの1 コール目(めざましの音は「コール」とは言わない気がするが)で起きたのではないかと思うくらいにぱちっとだ。昨夜、寝る前に背中をほぐすストレッチと運動を30分くらいかけてやって、気持ちのいい状態で寝ついたのがよかったのかもしれない。今夜もやってみよう。

昨夜茹でた卵とホットミルクをお腹に入れて出発。早い出社なのに、しかも本降りで寒いのに、いつもより心身が軽い気がする。やっぱり寝る前の運動のせいかもしれない。今日はスクワットは休みの日。

昼頃、旧友から思いがけない連絡。何か力になれることはないかと知り合いの医者に連絡をとる。

午後、いくつかの仕事に思ったよりも時間をとられ、定時であがるつもりが2時間残業。欲張りすぎた。

仕事帰りに上司の誕生日プレゼントを買う。いくつか目をつけていたものから、今喜びそうなものを組み合わせる。喜んでくれるといい。

帰りの電車で、旧友からの連絡の件で調べ物をする。こういうときは、インターネットのありがたさをつくづく感じる。

家で食事をとるつもりだったが、松屋の「ごろごろ煮込みチキンカレー」の文字につられて食べて帰る。私には鶏肉が多かった。カレーの福神漬はおいしい。

コンビニで荷物を受け取ったら買い物に行くのを忘れてそのまま帰宅。何か一つやると別のことを忘れる。前はマルチタスクが得意だったのに、どんどんできなくなっている。

夜、旧友と電話で話す。本題以外のこともあちこち話が飛ぶ。久しぶりに声を聞いて嬉しい。少しでも心が安らぐ時間が訪れてほしい。

昨日、軽い気持ちで聞いてしまった官僚のセクシャルハラスメントの音源のことや、それに関する閣僚の発言のことを度々思い返してその度に怒りを覚える1日だった。

 

朝/ゆで卵、ホットミルク

昼/鶏肉とセロリの焼きマリネ、キャベツ、きゅうり、ミニトマト、にんじんの甘酢和え、麦ごはん、とろろ昆布

おやつ/クッキー、コーヒー

夕/ごろごろ煮込みチキンカレー

 

ブックカバーをつくる

昨夜の酒が残り、だるい。今日は休みだから翌日のことを気にせずに飲めて、楽しかったな。

布団の中で伊集院のラジオを聴く。「俺の五つ星」で思わずもらい泣きをする。年を取るごとに涙もろくなるというのはきっと本当で、経験した感情の幅が広がって感じ取れる幅も広がるからなのだろう。

煎茶をたっぷり飲んで、シャワーを浴びる。だんだんと体が起きてくる。スクワット50回。今日でもう3日目なので、明日は休みだ。

先週のうちに受け取ったまま食卓に散らかり放題になっていた郵送物をまとめて開封する。数冊の本と、包丁の砥石を研ぐための砥石。ガス台周りの壁がうっすら汚れているのが気になり、砥石を研ぐ前に軽く拭き掃除をする。ラジオでは、夏がくる前にエアコンのフィルター掃除をしてから試運転をした方がよいという話。そのままエアコンのフィルター掃除も始める。素直なリスナーだ。

砥石を研ぐと、砥石の地の色が見えてくる。研いだばかりの砥石で包丁を研ぐ。鋼の光沢が戻ってきて気持ちがいい。昼食用に、冷凍したバケットを卵液につける。洗濯機を回した後、洗濯槽の洗浄。

昼食はフレンチトースト。完璧な焼き加減で、実家にいた頃よく自分で作ったのを思い出す。シュークリームばかり作ったり、スコーンばかり作った時期もあった。

両親へはがきを書く。今回で2通目。前回書いたのは桜が咲く前の3月初め。季節に合ったはがきを選んで文字を書くのがけっこう楽しいので、しばらく続けるつもり。

たまに使っているもらいものの革のブックカバーがどうにも重く、微妙に不便だったので、ハギレを縫い合わせてブックカバーを作る。適当な色や柄の布を隣り合わせにして、とっておいた紙袋の持ち手の布テープをベルトとしおりに使う。なかなかいい具合に仕上がった。

ふだんやらないような家事をいくつかやれてよかった。まったく文字を読まなかったので、寝る前にたまった新聞を読む。

 

朝/煎茶

昼/フレンチトースト、ブラックベリーのジャム、サンフルーツ(柑橘)

おやつ/バウムクーヘン、コーヒー

夕/にんじんの甘酢和え、納豆、キムチ、山海漬、韓国海苔、麦ごはん

おやつ/豆しとぎ

 

チュニジア料理を囲む

食べよう食べようと思っていたあんペーストであんバタートーストにする。夜は会食の予定があるので、出かける前にスクワット40回。

1時間遅い出社なので、気になっていたブックカフェに寄ってみる。本もカフェもどちらもきちんとした空間で、いくらでもいたくなる。買うつもりのなかった本を買って出社。

午後、予定のあった来客の後、予定外の来客。夕方まで急いで仕事をして、19:30前にも退社して会食へ。

途中で降りる駅を間違えたり、ホームを間違えたりして、数分遅れて到着。チュニジア料理を囲む。愉快な主人が丁寧に作る料理がどれもおいしい。記念に写真を撮ったり、本にサインをしあったりして24時前に解散。楽しい夜だった。

 

朝/にんじんの甘酢和え、ヨーグルト、ブラックベリーのジャム、あんバタートースト

昼/鳥もも肉とセロリの焼きマリネ、ミニトマト、いんげんのごま和え、にんじんのラペ、キャベツ、麦ごはん、きゅうりのぬか漬け

おやつ/柏餅、吹雪

夕/チュニジア料理