読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほとり日記

2017年1月からの日記

安納芋を焼く

ほぼ起きずに朝を迎える。2日連続で寝る前に足のマッサージを入念にしているせいか、いつもより足の感覚がすっきりしている。ずっとこれがあたりまえと思っていたけれど、かなりむくんでいたんだな。マッサージに行くとよく指摘されていたけれど、聞き流していたのだった。

夫の弁当を詰めて送り出し、洗濯機を回しながら朝食。弁当の残りのおかず、バナナ、ヨーグルト。昨日、ランチをした同僚からもらったカステラは夜のおやつにとっておこう。

洋裁の手間賃の相談をしていた友人から返事をもらう。洋裁でお金をもらうのが初めてで、いくらもらっていいのかわからないでいたが、私の値付けは低すぎたらしい。聞いてみてよかった。

洋裁でお金をもらう、というのがなんだかうれしくて、デザインの仕事をしている兄に久しぶりに連絡してみる。私が作った服の写真も送る。喜んでくれて、「モノづくりに進みなさい」と返信がくる。兄がそう言うのはわかる気がするけれど、生活の楽しみとしてやるからいいような気もする。

出社すると急ぎの来客あり、その後も来客、大人数の打合せが立て続けにあり、フル回転で1日が終わった。夕方、電池切れのようになり、コンビニでお菓子を買って同僚たちとわける。

少し残業して、夫と待ち合わせて帰る。夕飯を作る気力がないので、コンビニで冷凍のパスタとサラダを買う。

コンビニ飯ではまったく満たされず、明日の弁当用にさんまを焼き、ネギ炒めを作ったあと、グリルで安納芋を焼き始める。切れ味が鈍り始めた包丁を研ぎ、京番茶を飲みながら溜まった新聞を読み、芋が焼けるのを待つ。遅い時間に何をやっているのか。

 

 

広告を非表示にする

夢でお告げをしたらしい

咳で5時過ぎに目がさめ、うつらうつらしたまま過ごす。

寝不足なので、夫の弁当を詰めた後、ぎりぎりの時間まで眠る。頭が痛い。

気温が高くなる予報なので、薄着で出社。同僚たちから洋服を作る注文を受けたので、最近作った服と参考にした本を持っていく。

区切りを迎えた同僚とランチ。家族のこととか、前の仕事のこととかあれこれ話す。これからも楽しんで仕事をしてもらいたい。

午後、思いがけず手作りのおやつにありつく。コーヒーを淹れて雑談。妊娠中の同僚の夢に私が出てきて、「女の子です」と告げたらしい。「あたりそう」という声もあり、「外れたら外れたでおもしろいよね」という声もあり。

洋服の注文をくれた同僚に見本の服と本を渡し、検討してもらう。結局私のとほぼ同じものが欲しいとのこと。ゴールデンウィークに作ることとする。

夕方になり、いよいよ頭痛がひどくなり、我慢しきれずロキソプロフェンを服用。朝のうちにのめばひどくならなかったのかもしれない。

職場から隣の駅まで歩いて帰宅。水辺の桜の花びらが散り始めている。写真を撮る人が多い。私も一枚撮った。

地元駅の小さなスーパーで夕飯の焼き鳥、スナック菓子、明日の弁当用にスナックエンドウを買って帰る。

 

越前屋俵太ブームがやってきた

朝方、咳こんで2回起きる。のどに小さなちりがぴとっとはりついたような感覚がなかなかとれない。

昨夜、長く歩いて疲れてしまって風呂にも入らずに寝てしまったせいで体はだるいし、咳で寝不足なせいもあって、時間になっても起きられない。夫には朝食も弁当もなしで出てもらい、ぎりぎりの時間まで寝ることにする。

午後遅めの時間になって、職場近くの立ち食いそば屋で昼食。寒いし、これまでちくわ天ばかりなので、紅生姜天そばにする。真っ赤な千切りのが出てくると思いきや、淡いピンクのスライスタイプの天ぷらがのっている。ここの店でこれまでのところ、味でがっかりさせられたことがない。他のものも試してみようと思う。今日は雨がひどすぎて客足がかなり鈍いらしい。

最近、越前屋俵太ブームが夫婦間に到来し、Youtubeの限られた映像を繰り返し見ては飽きずに笑っている。夫とのLINEのやりとりまで「知っています」などと、越前屋俵太の中継のフレーズに侵食されてきている。この種の意味のないやりとり、入院中もよくやってて、手術した場所が痛むので笑うのをこらえていたのだった。

ボートも人も渋滞していた

昨夜は日付けが変わる前に眠り、おかしな夢をいろいろ見て朝を迎える。早いシフトの日のわりには眠れた。

昨日のうちに弁当を詰めておいたので、今朝は水筒に温めた麦茶を入れたり、リンゴをむいてヨーグルトと一緒に朝食にしたり、いつもより余裕がある。

出社し、朝の業務をすすめながらコーヒーを落とす。

週のはじめ、落ち着いて仕事を進めることができた。明日から勤務を始めるインターンの学生を受け入れる準備が整った。楽しみだ。

30分ほど残業して退社。寒いけどまだ明るいので、先週立ち寄った桜の名所に再び立ち寄る。見頃をやや過ぎているのと、平日の早い時間なのとで、先週よりは人が少ない。とはいえ、水面のボートは渋滞しているところもある。陸のうえも混んでいる。

3駅歩いて帰宅。夕焼けの始まりが見えた。

洗濯して、あるもので夕飯にして、昨日のブローチのしあげ。いまひとつ。使っていくうちに好きになるといいのだけれども。

チューリップの開花を見逃した

寝汗をかいて起きたら2:30。上半身が汗だくなので着替えて再び眠る。ここ2日くらいの体調の変化とあいまって、咳の方はおさまっている。関係あるのかもしれない。

何度も寝起きを繰り返し、10時過ぎに布団から出る。もとの体調もあんまりよくないし、だらだらと雨も降っていて、だるい。春先に体調がすっきりしない、というのはこういう感じのことをいうのだろうか。

洗濯の準備をしながら、浴槽に湯をためて入浴。まだすっきりしない。今日は家でおとなしくしていようと思う。

ベランダに目をやったら、1月に球根を植えたチューリップが赤い花を咲かせている。2日前にはつぼみにもなっていなかったのに。開花を見逃してしまった。つぼみから咲き始めのところが一番好きなのに。

午後、ようやく雨が止んだので、夫と商店街へ買い物に行く。明日の弁当用の野菜、日用品を買う。ケーキを買って、川沿いの桜を見ながら帰る。そろそろ見納めだろう。川が濁って水かさが増している。ずいぶん降ったんだな。

家に帰り、弁当の野菜のおかずを作る。

終わったところでコーヒーとケーキで一服する。体調が万全じゃないせいか、いつもほどおいしく感じない。

2月に作ったブローチの材料で、自分用にブローチを作り始める。できあがりがいまいちイメージしきれてないけど、たぶんうまくいくと思う。

夕飯は、花見なしの宴会で友人が持ってきてくれたうなぎの蒲焼きでうな丼にした。すぐに食べ終わってしまった。

明日は早いシフトなので早く寝よう。

明けても暮れても桜を眺める

暑くて2時半頃に目がさめて、4時くらいまで眠れず。雨の音がする。

7時のめざましを止めたあと、7時半前に布団から出る。
今日の花見イベントについて、同僚から連絡あり。昨夜の雨で足元が悪いし、雨も降っているので、室内の会場に変更することになった。

9時に出社して、会場変更の連絡を各方面にいれる。そのため、予定時刻をだいぶ過ぎて、飲食の準備にとりかかる。時間がなくなってしまったので、3名の同僚たちに指示を出して動いてもらう。そういう感じではやりたくなかったけど、仕方がないのでわりきる。

時間通りに完成して、会場に移動する。大勢参加したので、3月中の協力に対する感謝も伝えられた。桜の木の下で記念撮影もした。曇りの日の桜もいい。

いつもよりも早く職場を出ることができたので、外出先の夫と合流する。書店を流し見するが、急激に疲労を感じてカフェで休む。
少し眠って回復し、夕食にマレーシア料理を食べる。ペナンに行ったときの記憶がよみがえる。2人なのに、テンションがあがって、前菜の他に炭水化物を3品も頼み、食べ過ぎた。テンションがあがった流れで数年ぶりにカラオケにまで行く。

4駅分くらい歩いて、道沿い、公園、病院前、川沿い、あちこちの満開の桜をながめて帰る。

 

これが花粉症というものか

久しぶりに朝まで目をさまさずに眠れた。昨日の鍼の影響か、だるさが残っている。起きてすぐに咳と鼻水が出てきた。目までかゆくなってきた。ほんとうに花粉症なのかもしれない。いやだいやだ。

駅までの道の途中、年の初めにはたくさんの花をつけていた白梅が柔らかそうな若葉に覆われている。その先のモダンな邸宅の桜の大木は満開。花壇のチューリップがもう咲いている。うちのベランダでは、チューリップはまだ蕾にもなっていないけれど、カランコエは濃いピンク色の花が満開だ。春なのだな。

ひどい鼻声で出社。同僚たちに聞くと、花粉症だろうと思いつつ、確定診断がおりるのがいやで何年も病院に行ってない、という。私もそうしておきたいきもちと、咳で眠れないくらいならさっさと病院に行ってアレルギー検査を受けてQOLをあげようという気持ちで揺れる。どう考えても後者にすべきなのだけれど、慢性病を受け入れたくない気持ちが強い。上司に「ふだんは早く病院行くのに」と意外がられて、自分でもおかしくなる。

午後、遅い昼食のあとに外出。 気温は高いが曇り空で風が強い。変な陽気だ。膝関節とももの筋肉が重だるくなってきて、風邪みたいな症状。春を満喫したい気分なのに、体はそうでもないらしい。

外出先で本来の目的が達せられず、悔しいので上司の誕生日プレゼントを買いに行く。ありそうな小売店を4軒回っても売っておらず、無印良品で買った。

少し残業して、今週やらないといけないことはすべて終える。明日は早めに出社して花見イベントの仕込み。天気が回復してほしい。

夕飯を済ませた夫と待ち合わせて帰宅。家に食べるものがほとんどないので、コンビニに立ち寄るが食べたいものが思い当たらず。弁当屋でおにぎりとおかずを買って帰る。満足感のない夕食。