ほとり日記

2017年1月からの日記

自分の死に顔は見ることがない

今日もひどいだるさで起きられない。連休で活動的に過ごしていたのが今になって堪えているのだろうか。

予定していた時間を大幅に過ぎてから起きて出発。ツバメの巣から親鳥が出かけるところに出くわす。

出社前に、仕事で関わりのあった方の遺体の安置されている葬儀社に焼香をしにいく。電車とバスを乗り継いで1時間半。現地の駅の建物の中にツバメの巣があり、3、4羽の親鳥たちがせわしなく飛び交っていた。

葬儀社の受付に行くと、遺体が安置された別の小さな建物に案内される。年季の入った建物で、小さな祭壇のあるスペースに、一体ずつ安置できる小部屋が二部屋連なっている。小部屋に入って線香をあげて、一旦小部屋を出る。職員が棺を少し手前にずらして顔のあたりだけ見えるようにしてくれて、再び小部屋に入って短い時間お別れをした。

すっきりとしたきれいな顔だった。知人や友人、何人かの遺体と対面したことを思うと、いつもそう感じてきた。生きているとそれだけ顔の筋肉に力が入っているということなのだろうか。

私が死んだときも、徐々に深くなりつつある眉間のしわや、存在感を主張し始めてきたほうれい線や、笑った時に非対称にあがる口元も、いろいろなものから解放されてすっきりと見えるのかな。そう思うと救われる気持ちになる。

出社。会議のあと仕事をする。疲れてなかなか集中できないうえに、明日の月一のイベントの準備が何もできていない。お菓子ばかり食べて、無駄なカロリーばかり摂取する。

一つ一つ片付けて、明日までにやるべきことはすべて終える。

家の近くで知人と飲んでいる夫と合流して帰る。

 

大掃除翌日恒例の風景

昨日の大掃除の疲れがとれず、全身がだるい。なんとか起きて、バナナとキウイのジュースを作る。どちらも完熟で甘くておいしい。

洗濯機を回す。3日分なのでぱんぱん。今日は気温が高くなるらしいのでよく乾きそう。

ベランダの植物に水やり。毎年、花をつけずに葉だけを茂らせるカラー。ふと思い立って、大きく伸びた葉を5本切って、大きめの白い花器に活けてみた。少しバランスが悪いけれど、伸びやかな葉の生命力が白い花器とあいまってより鮮やかに見える気がする。ついでにアジアンタムも伸びた部分だけ切って小さなガラスの空き瓶に活けた。色あせてきたカランコエと交代。

昨夜漬けたきゅうりのぬか漬け、カクテキ、納豆、海苔、白米で朝食。きゅうりは昨日くらいの漬かり加減か。あとほんの少し漬かっててもよさそう。夜にはおいしくなってるかな。

近所のツバメの巣、じっとしている親鳥の頭と尾だけが見えている。近隣を2、3羽のツバメが鳴きながら飛び交う。

乗り換え駅の一つ前まで起きていたのに、気づいたら乗り換え駅でドアが閉まっていた。寝落ちしていたらしい。相当疲れている。

出社したら、社内が明るくて気持ちがいい。みな口々にそう言い、楽しげだ。大掃除の翌日の恒例の光景。

午後に会議と来客があり、遅い昼食で立ち食いそば屋へ。初めてたまご天を注文する。もうなくなってしまった、家の近くの天丼屋で食べたほどの感動はなかった。生からあげるかどうかの違いなのだろうか。そばがだんごになっている。今日の男性店員がゆでるときはたいていだんごになっているんだよなあ。

会議、来客、OJT、訃報対応で、頭の中がまとまらず、自分がやるべき仕事がなかなか進まない。

21:30過ぎに退社。足の先までだるい。

 

大掃除をするなら初夏がいい

昨夜、風呂に入らず寝てしまったので、朝のだるさがすごい。足の先までだるい。こうなるのはわかっていたのに、だるさと眠さに負けてしまったのだった。

今日は弁当を作らなくていい日なので、ぎりぎりまで寝る。

さっと風呂に入って出発。伊集院のラジオに小泉今日子がゲストで出るのだが、リアルタイムで聴けない。

終日職場の大掃除。少人数の小さな職場なのだが、いざ大掃除をやるとなるとなかなかの重労働。皆、明るくよく働く人たちで、毎年すばらしいなあと思う。今年は換気扇に手をつけたのと、席替えまでやれたのが収穫だった。

片付けの苦手な私が毎年陣頭指揮をとっているのもおかしいのだけれど、今年も無事に終わった。例年、休日1日を使ってやっていたのを、今年は平日1日でやれるか試した。来年もこの感じでいけそうだ。

夫と途中の駅で待ち合わせて回転寿司。昨日からのだるさもあって疲れていたのでちょうどよかった。

ゆで卵とぬか漬けが上出来でうれしくなる

夫と自分の弁当を詰める。昨夜ゆでておいたゆで卵を切ったら、完ぺきなオレンジ色。よし、と思う。

ぬか床のきゅうりを出して味見したら、浅めの漬かり具合で、さわやかでおいしい。ぬか床の調子がでてきたようだ。せっかくおいしく漬かったので、自分の弁当の白米の上に3切れ載せて、他は朝食にした。

夫を送り出した後、猛烈な眠気に襲われて二度寝。今日は時間にしばりのない外出の後に出社すればいいので、ゆっくりめに出ることにする。

午後遅い時間になり、頭痛がしてくる。眠すぎると出てくるタイプの頭痛だ。体の芯から眠さがしみだしてくるような感覚が消えない。

同僚から、肩こりのときどうしているかと聞かれたので、「時流に乗って筋膜リリースやってます」て伝えると、別の同僚から「そういえば時流に乗って星野源にはまってるらしいじゃないですか」と言われる。それを聞いていた他の同僚たちから「どこがいいんですか」「そっち側の人間ですか」「僕らの知ってるほとりさんじゃない」などと次々に言われて笑う。

アルバムをちゃんと聞いたわけでもないので「好き」と言えるほどよく知らないのだけれど、アルバムをちゃんと聞いてみたいと思っているところだと話す。あんまり詰問されるので、「私だってみんなと同じもの好きって言いたいんだよっ!」と言ったら笑っていた。

夫から、夕食のちくわ天そばの写真が送られてきて、無性にちくわ天そばが食べたくなる。よほど職場近くの立ち食いそば屋で食べて帰ろうかと思ったが、帰って作ることにする。

家の近くのスーパーでちくわの磯辺揚げ、めんつゆなどを買って帰宅。ねぎを刻んでちくわ天そばにする。

9日ぶりの出社の朝、ツバメが巣に戻るのが見えた

念入りなストレッチをして寝たせいか、朝まで起きずに眠ることができた。
とはいえ、眠くてすぐには起きられず、ぐずぐずと布団の中で時間を過ごす。

夫の弁当に入れるキャベツときゅうりを刻み、残りは昨日のヤムウンセンに加える。セロリとナンプラーの香りがよく合う。

夫を送り出したあと、洗濯、ぬか床の手入れ、夫の実家でもらってきた食パンのカットなどをする。食パンの端っこにバターとジャムと塗り、コーヒーを淹れて一緒にいただく。

今日は今年一番の暑さになるだろうとの予報。駅まで歩く途中の家のツバメの巣に、今年も親鳥が入っていくのが見えた。親鳥がずいぶんと小さいように見える。

9日ぶりの仕事。思ったよりも気が重くない。
連休前から頼まれていた洋服を同僚二人に渡す。一人は早速着て仕事をしていた。おまけのあずま袋と鍋つかみもとても喜んでもらえた。

案外仕事ははかどったものの、なんだか調子がつかめていないような気がしたまま一日が終わる。
隣の駅まで音楽を聴きながら歩いて帰る。うっすら雲がかかったような、ぼんやりとした月が見えた。

帰宅して夕食。白米、納豆、海苔、キュウリ、カクテキ、焼き野菜のマリネ食べきり。納豆と海苔の組み合わせは本当においしい。
明日の弁当用に卵をゆで、さんまのぬか漬け2尾を焼く。

今さらながら星野源に興味をもっている。
今日は夕食と入浴の間、オールナイトニッポンをタイムフリーで聞いた。
アルバムを聞きたいが、Apple Musicには入っていないようだ。個別に購入してダウンロードして聞くのがよいのだろうか。よくわからない。ミュージックビデオ集もあるらしい。興味がある。

日常生活を満喫した

数日前に、駅のジューススタンドでアボカドとキウイのジュースを見ておいしそうだったので、朝食に作ってみる。
アボカドとキウイと水だけで作ったら、まったく甘みが足らない。次はりんごかバナナを入れるとよさそうだ。

朝食後、夫と衣替え。着なくなった冬物を数枚処分して、春夏物と入れ替えた。
完全に暑くなる前の時期に何を着たらいいのか、毎年よくわからない。

衣替えのあと、バナナのスコーンを焼く。
先月、ネットで簡単なレシピを見てからずっと作って食べたかったのだけれど、バナナが熟すタイミングと私の余裕があるタイミングが合わず、ここまできてしまった。
とても簡単でおいしい。多く作って冷凍した。

午後、洋裁。母がほしいと言っていたので、ハギレで鍋つかみを5個追加で作った。友人にもあげてもいい。

夕方、ヤムウンセンを作るのにナンプラーを買いに商店街へ。数週間前にネットでヤムウンセンのレシピを見て、無性に食べたくなっていたのだった。ベランダのパクチーも少し増えてきたのでちょうどいい。

商店街まで歩きながら、この連休のことを振り返る。今の職場に来て、9連休もとれるのはめずらしい。
・4/29 朝帰り。開襟ワンピース縫製1日目。鍼に行く。
・4/30 開襟ワンピース完成。夫の夢の話で笑う。
・5/1 鍋つかみを4つ作る。母の携帯MNPタブレット解約手続き。母のパーマ・カット・カラー。自分のカット。母の携帯アドレス帳を手作業で移す。実家泊。
・5/2 実家の掃除(台所の五徳類、換気扇、やかんのつけ置き洗い、換気扇、居間の掃除・雑巾がけ、風呂場の壁・床・ふた・浴槽、居間の窓ふき、母の布団干し、カーテン洗濯)。ラジオ購入。母にスマホレクチャー。夫と風呂に行く。
・5/3 コートなど洗濯。姪の誕生日祝いの本購入。カレー屋で愉快な女の子に会う。実家の座布団カバー6枚作る。
・5/4 バレエ発表会。姪の進路に関する話を聞いてもやもやする。
・5/5 布団干し、冬物衣類の洗濯、部屋の掃除、台所の掃除、五徳つけ置き洗い。夫の姪の1歳祝い用の料理を作る(スペアリブの煮込み、味付け卵、焼き野菜のマリネ、にんじんのラペ、煮りんご)。焼き肉。
・5/6 夫の実家で姪の1歳祝い。アップルパイとスペアリブの煮込みを食べ損ねる。あずま袋2枚作る。
・5/7 アボカドとキウイのジュース作るがいまいち。バナナのスコーン、ヤムウンセンを作る。鍋つかみ5個追加で作る。衣替え。

特別どこかに出かけるようなことはしなかったけれど、やりたいことはほとんどできた。ずっと何かしらやっていたような気がしていたが、少なくとも5日はミシンをかけていたようだ。
掃除も料理もやって、家のことをいろいろやれた充実感がある。日常生活を満喫した。全然本を読まなかったのが唯一悔やまれる。

広告を非表示にする

一歳のお祝いに出かける

朝、緑茶をゆっくり淹れた後、夫の実家に持っていくアップルパイを焼く。早く冷めるように、人数分に小分けして焼きたいのだが、気温が高いので、パイシートがすぐにだれてしまって扱いづらい。

パイ生地をとじる前にシナモンを振り忘れ、生地の上からさっと振ろうと思ったらどさっと出てしまって黒く焼きあがったものもあれば、表面の切り込みがうまく入らず見映えの悪いものもある。全体的にいまいちな感じだけれど、においは上出来。

家を出る前にコーヒーで一服する。おいしくはいった。

昼過ぎに夫の実家に到着。庭に見慣れない花が咲いているのが、玄関先から見えた。細く長い茎の先に、濃いピンク色の花が咲き、風に揺れている。茎のしなるさまが美しい。夫の父が自分の実家に帰った時に庭先で見つけてもらってきたのが、ちゃんと根付いたのだそうだ。

子どもの一歳のお祝いということで、餅を担いで歩かせる儀式をする。夫の両親たちもうれしそうだった。孫の顔を見せるというのは、たしかに親孝行の一つなのだなあと思う。私達夫婦に子どもがいたら、私達夫婦やそれぞれの両親はどんななのかなあという思いも、ちらっとよぎる。

私が持っていった料理も一部を出して、皆で食べる。子どもが1人いると明るくていい。この子が二十歳になるまでは自分たちはいないだろう、と夫の両親が話していた。

夫婦で見るよう勧めた映画「人生フルーツ」について、「物語だと思って見始めたから、最初はなんだかわからなかった」という夫の父の感想に笑った。たしかにそう思って見たらなんだかわからないだろう。

片付けの後、小一時間昼寝。皆でショートケーキを食べる。夫の母がホールケーキをじゃんじゃん切り、皿に取り分ける時に倒れる。私がやればよかったな。

アップルパイにはたどりつけないので、置いて帰ることにする。またアップルパイを食べ損ねた。

両親のイタリア旅行の写真と動画を鑑賞する。ひどく頭痛がしてくる。前もこういうことあったな。

イタリア旅行のみやげなど、いろいろもらって帰宅。頭の芯が痛い。

明日やる予定の衣替えでしまう冬物の洗濯。ゆっくり風呂に入り、念入りにストレッチをする。

注文を受けて作った服の余り布であずま袋を作る。完成した服、ハギレで作った鍋つかみと一緒に渡す。