ほとり日記

2017年1月からの日記

演芸

講談六席

6時過ぎのめざましの何度めかのスヌーズでなんとか起きる。どくだみ茶を淹れて、朝ごはん用に持っていく高菜のおにぎりを作って出発。わずかに体調がましになった気がする。 と思ったのもつかの間、腰に違和感。腰痛が悪化している気がする。 8時から仕事。…

体を引きずって白酒独演会へ

せっかくの平日休みなのだが、なかなか起きられない。起きても節々の痛み、頭痛、重だるさがひどくて満足に動けず。こういうときは風呂だ。最近届いた漢方の本を読みながらつかる。湯につかっている間は痛みを感じない。風呂からあがっても今ひとつなので、…

万全の体調あっての演芸の楽しみである

寝汗で目をさます。まだ5時台。寝つけないまま時間が過ぎ、7時前に布団を出る。身支度をして、煎茶を淹れる。かなり肌寒く、厚手のパーカーをはおって出発。 8時から仕事。重めの会議が2本あるので、早い時間帯に急ぎの仕事を済ませるが、終わらず。 午前、…

満足いくカレーができた

6時半に一度目をさまし、録音してもらってあった玉川太福の浪曲「地べたの二人〜おかず交換」を聴き始めるが、じきに寝てしまっていた。 次に起きた時には9時を過ぎていた。昨日から仕込んでおいた黒豆を火にかけて、タンドリーチキンの仕込みをする。レシピ…

寄席の後は羊を心待ちにしている

8時頃一度目をさまし、再び眠る。体の芯から眠さが流れ出すような感覚を覚えるのは久しぶりだ。気づいたらこんなに疲れていた。耳のつまり感とめまいが頻繁に出てくるようになっている。 布団の中でラジオを聴きながら二度寝、三度寝とする。11時近くなり起…

手仕事の効用

仕事の夢を延々と見て、めざましが鳴る前にうっすらと目をさます。疲れた。昨日遅くまで上司と話したのと、風呂に入らずに寝てしまったのとで、頭も体も昨夜を引きずったままだ。失敗した。 今日は長めの勤務だし、明日も仕事なので、せめてリフレッシュでき…

千葉県袖ケ浦市の東京ドイツ村

8時起床。夫の弁当用に海苔の卵焼きを焼く。弁当で使ったハムの残りを、朝食のハムエッグにする。春キャベツは柔らかくて包丁の刃当たりが軽い。冬の筋ばったキャベツを切るときよりも、どことなくうれしい気持ちになる。この冬は野菜が高くてほとんどキャベ…

今の感じは気に入っている

松之丞の音源をつけたまま寝てしまい、1:00過ぎに一瞬めざめる。消してまたすぐに眠った。 6時のめざましで起床。出張で早めの新幹線に乗るので、昨日買ったパン、読みかけの小沢昭一の本、読書会用の本をもって出かける。眠い。 昨日のことを思い返す。友人…

講談づくしの一日

録画してあったドラマを見て夜更かし。仕事でもなく、めざましもかけてないのに6時半に目がさめてしまった。起きるのも嫌だし、二度寝もできず、途中まで見たドラマの続きを見る。見なくてよかったな。おもしろくないと思いつつ、ここまで見てしまったからと…

ツバメ飛来、「講談春秋」

6:20のめざましがなる直前に目をさます。昨日完成した服を着て出発。 駅までの道の途中、空気を切り取るみたいにすごい速さで横切るものに目を奪われる。ツバメだ。6月並みの気温が続いているとはいえ、もうそんな季節がやってきたのか。 定時目標で仕事を進…

神田松之丞ひとり語り 講談のたのしみ(朝日カルチャーセンター)

夫のいびきで5時台に目がさめる。止まない。寝たり起きたりを繰り返し、8時頃布団を出る。 昨夜から解凍しておいたカボチャで即席のポタージュを作り朝食にする。 夫が使っていた冬用の毛足の長い下敷きを洗い、衣類も洗濯する。 夫の母の大学入学式なので、…

問わず語りの松之丞の会

前夜にふつうの時間に寝て、睡眠のリズムが戻った。 夫を送り出した後、洋裁に手をつける。二着作るうち一着は新しい形なので、型紙を写すところから。続いて生地の地直のためのアイロンがけ。毎回この作業の正解がわからない。いったん15時ごろコーヒーを淹…

鈴本再び

昨夜は朝寝をしたのと酒を飲んだのとで眠くならず、2時過ぎまで編み物をしていた。寝たのは3時前。 8時過ぎに目をさます。シャワーを浴びるついでに体重計に乗り「太った」と嘆く夫が、100回目くらいの「痩せる」宣言をしている。「たるんでるよ」「夜にコン…

8連休を鈴本演芸場から始める

夜中にひどい寝汗で目をさます。首のあたりがびっしょり濡れて不快。夫のいびきでも何度か目をさます。せっかくの連休なのに熟睡できないまま朝を迎える。起きようと思っても起きられず、寝たり起きたりを繰り返して、11時頃本格的に起きだす。 冷蔵庫にある…

松之丞独演会、夜道の野良猫

8時から仕事。通勤電車で、買ったばかりの神蔵美子『たまもの』(ちくま文庫)を読む。おもしろくてどんどん読む。正直な文章がすごい。近くにいたら大変そうだけど、魅力を感じそうでもある。 午後から大きな会議があるので、午前中で最後の準備を進める。 …

自覚のない善意

わりとよく寝た感覚だが、朝、なかなか起きられないのは変わらず。朝のすっきりとした目覚めを味わいたい。 味噌汁を温めて2人分だし、夫を送り出した後に丸餅2つを焼く。あんペースト、おいしいけど餅につけるよりパンの方が合いそうだ。 通勤電車で『一之…

ことごとく一歩遅れる

早起きして出ると言っていた夫のめざましで目をさます。止めてそのまま寝たらしい。 私もなかなか起きられず10時前まで布団から出られず。温めた麦茶を水筒に入れて、残りの麦茶と甘いものをおなかに入れて、10時過ぎに出発。 午後から新しい同僚への引継ぎ…

たのしい遠足

4時過ぎに暑さで目をさます。2度目に起きたら9時。夫に起こされた。 出社している同僚に短く連絡を入れた後、「旅成金in群馬」へ向かう。大宮駅のエキナカで買い物。弁当類がいろいろと売られていて目移りする。メルヘンのフルーツサンド、肉団子、キンパプ…

豆とたんぱく質をトマトで煮れば間違いない

7時半のめざましを止めたまま、1時間近く寝過ごす。1時間ずつ生活時間を前倒ししないとまともなペースに戻れない。 夫は朝食を温めて「うまいなこれ」と言いながら食べていた。豆と他のたんぱく質をトマトで煮るのは間違いないと思う。 布団から顔を出してか…

隅々まで行き届いた店で友人と再会する

昨夜は編み物で夜更かしをしてしまい、9時すぎにめざめる。相変わらず腰痛。湿布を貼る。引きずらないようにしないと。 朝食はリンゴとヨーグルト。ずいぶん前にもらったリンゴをまだ食べきっていない。味が落ちてしまう。 ラジオを聴きながら編み物をしてい…

はじめての圓生落語

7時すぎにめざめる。うとうととしながら昨日の松之丞のラジオを聴く。二度寝をして10時頃布団から出る。 シャワーを浴びて歯医者へ。腰が痛い。30分ほど待って診察。噛みしめが相当ひどいらしい。前歯に縦の筋が入って着色しやすくなっている。次の予約は四…

「音締めがいい」というほめ言葉

寝汗で夜中と朝方に目がさめる。体調の変化の兆し。早く落ち着いてほしい。 9時から仕事。来週は出張もあるし、休みもあったりで、職場にいる時間が少ないので、今日はできるだけ仕事を進めないといけない。 インフルエンザ治りかけの同僚が出社したものの、…

小正月に小豆茶を淹れる

起きずに朝までぐっすり眠れた。寝る前に首と背中をほぐしたのがよかったのかもしれない。 夫を送り出した後、ラジオを聴いたまましばらく布団で過ごす。 洗濯をして朝食をとる。新聞を読んでいたら、小正月の小豆粥と小豆茶を紹介する記事。年末に黒豆と一…

新しい世界

平日休みで、予定を入れているので、まずは入浴と洗濯。晴れてはいるが、ずいぶん寒い。ラジオからは北陸方面で鉄道や道路の立往生のニュースが繰り返し流れる。コーヒーを淹れて一服。 昼から外出。新宿永谷ホールで行われること新宿講談会へ。何度か通って…

初めての落語会へ

昨夜はおそらく22時過ぎには寝落ちしたので、10時間近く寝たはず。よく寝た。終盤は仕事がらみの長編の夢を見て疲れた。今日の仕事に寝坊する夢も見た。 夫の物音で目を覚まして、昨日のポタージュ、煮豚の残りに元旦に夫の実家でもらった三つ葉を添えて出す…

朝練、遠征

早起きして「朝練講談会」へ。お江戸日本橋亭に行くのは初めて。10年以上前このあたりで働いていたのだけれど、大きな建物がいろいろと建っている。 9:15開場だが、混雑が予想されると前日にTwitterで告知されていたので、念のため8:30過ぎに着いてみる。早…

はだしの裏のとうもろこし

7時すぎに目がさめる。まだまだ眠いのだがそれ以上眠れず、かといって起きる気力もなく、そのまま布団の中に2時間以上とどまる。 夕方の集まりのためににんじんのラペを作る。正月用に買ったレモンを酢の代わりに使う。いつもより気持ち強めに塩を利かせ、コ…

体を整える

眠いのに眠れず、しかし眠いので起きられず、だらだらと2時間近く布団の中で過ごす。晴天に意を決して起き、自分の寝具類を洗濯機に入れて、自分の布団を干す。ベランダから入ってくる空気が今日も冷たい。 体のだるさが気になる。講談を流しながらゆっくり…

来年やりたいことを書き出してみた

腰と背中の痛みでよく眠れず。体調のリズムから仕方ないとは思いつつ、気分もさっぱりしない。 夫と自分の弁当を詰めて、洗濯物を干して家を出る。体が思うようなスピードで動かず、30分遅れて出社。 年末年始の引き継ぎを主に、会議3本。大事な会議はブレス…

仕事納めに着々と向かう

昨夜は早く布団に入ったが、電気毛布を高温でつけたまま寝てしまい、2時過ぎに暑さと喉の渇きで目を覚ます。水を飲んで再び眠る。何度かうっすらと起きたが、久しぶりによく眠れた。談志の「銭湯は裏切らない」ということばを思い出す。こんな意味では使わな…