ほとり日記

2017年1月からの日記

2018年1月

まん丸の明るい月が欠けて戻った

体がかたまって何度か起きる。かみしめもひどいらしく、奥歯が痛い。5時過ぎに起きて寝つけなくなり、そのまま7時過ぎまで起きていた。7時半のめざましを止めてから急に眠くなり、結局8時半に布団から出る。7時の時点で起きればよかったのに。 夫が食べた後…

台所を根城に過ごす

わけのわからない夢を見て目を覚ます。詳しいことは思い出せないけれど、トイレに行きたいのを我慢していたからだろうな。 昨夜寝る前にテレビを見てしまい、なかなか起きられず。夫が出かけたあと、ずるずると起きだす。 朝食のスープを温めながら、洗濯機…

カップそばで最後の残業を終える

7時半のめざましを止めたまま、8時過ぎまで寝る。眠さがとれず、まったく起きられない。ラジオ「すっぴん!」を途中から聴く。ラップの曲が流れている。スチャダラパー、高木完、ECDによる曲だった。 昨日のスープを温めた夫がうまいと言いながら食べている…

目利きと組み合わせの編集力

朝、一度目をさまし、昨日の日記を書く。まだまだ寝足りないので二度寝。布団の中でだらだらとしたまま昼頃に起き出す。 洗濯機を回して朝食にする。豚のゆで汁のスープにトックともらいもののはばのりをいれる。はばのりは、海苔というよりわかめに近い印象…

400年という時間の積み重なり

昨夜は1時前に帰ったが興奮がおさまらず、録画しておいたドラマ「アンナチュラル」を観たがまだ眠れず、松之丞のラジオを聴きながら即落ち。 睡眠時間が足らず、朝なかなか起きられない。ぎりぎりに起きてコーヒーを飲んで出発。 仕事の関係先のイベントに同…

明るく仲間を送り出す

「鉄砲水だ」という声で津波に気づき、近くにいた人とともに津波に飲まれて母だけが助からず、浅瀬の底に沈んだ母を泣きながらひきあげる夢を見て目を覚ます。まだ5時半すぎだった。なかなか寝つけないでいると夫も起きているらしい音がするので、夫の部屋へ…

引っ張る力

昨日まであった頭痛はすっきりととれて起床。熟睡感もある。頭痛があったのは左側で、肩甲骨あたりはまだ左側がばきばきといっている。 夫の弁当は昨夜のうちに準備しておいたので、朝食のみ準備する。夫にはにんじんラペの食べきりと、トック抜きのスープ。…

鍼と料理と松之丞

5時台に目がさめてしまい、昨日観そびれていたGYAOの番組「さきどりBose」の松之丞がゲストの回を観る。手のしながきれいだな。年明けに観に行った講談会でも、誰だったか忘れたけど女性講談師の手のしなが目に留まったのだった。 布団から夫を送り出し、う…

雪の残る東京に戻る

昼前の新幹線に乗ればいいので、昨夜はめざましをかけずに就寝。8時過ぎに目がさめる。化粧水がなくて顔を洗ったまま寝たので、顔がかさかさしている。 ネット記事とテレビで大雪の影響を確認、東京の同僚たちに今日の対応を連絡する。今日、明日くらいまで…

大雪の東京を離れて

関東は午後から大雪の予報。日帰りで出張の予定だったが、帰りの時間帯には積雪で帰れなくなりそうなので、宿泊も視野に入れて同僚たちに連絡してから出発。LINEグループでこのあたりの連絡を取るようにして、とても便利になった。 家を出た時にはごく弱い雪…

楽団ライブ、駅弁大会じまい

寝る前にドラマ「精霊の守り人」を見始めてしまい、おそらく2時過ぎに寝落ち。そのせいで朝は起きられず10時頃目を覚ます。 ラジオを聴きながら身じたくして、夫と出かける。練馬区にある古民家のイベントスペースで行われる桜の園楽隊のライブ。串田和美の…

「音締めがいい」というほめ言葉

寝汗で夜中と朝方に目がさめる。体調の変化の兆し。早く落ち着いてほしい。 9時から仕事。来週は出張もあるし、休みもあったりで、職場にいる時間が少ないので、今日はできるだけ仕事を進めないといけない。 インフルエンザ治りかけの同僚が出社したものの、…

一息つく

寝る前に背中をほぐすストレッチをしたせいか、朝まで起きずに眠れた。耳の聞こえはいまいち。 ラジオで高橋源一郎が佐藤雅彦『考えの整頓』を紹介していた。20年近く使っていた万年筆を落としてしまい、修理に出したが、専門家でもわからなかった微細な不具…

深く潜ってやり過ごす

昨夜も上半身が熱をもち、何度か目をさます。朝になっても起きあがれず、うつらうつらと眠る。体調がさらにさっぱりしない。こういう時はあらがっても仕方がないので、流れに身を任せよう。 伊集院のラジオで駅弁大会のプレゼンやってた。ぶりかまめし食べた…

あちこちぱっとしない一日だった

夜中に暑さや夢で何度も起きる。起床時、足が熱をもっている。 シャワーを浴びる夫に洗濯機を回してもらい、その間に朝食と弁当のしたく。自分の弁当はおっくうで、おにぎりだけにする。 夫の朝食はれんこんのポタージュ。送り出した後、入浴、洗濯物干し、…

再会に次ぐ再会

足の冷たさで寝つけず。じきに夫のいびきで何度となく起こされ、ひどい寝不足。今夜から別の部屋で眠ることにする。 月例の実家帰省。昨夜しこんだ煮豚と味付け卵をみやげに。駅からいつもと違う路線のバスに乗ったら、母の店の古い客と20年ぶりくらい(正確…

小正月に小豆茶を淹れる

起きずに朝までぐっすり眠れた。寝る前に首と背中をほぐしたのがよかったのかもしれない。 夫を送り出した後、ラジオを聴いたまましばらく布団で過ごす。 洗濯をして朝食をとる。新聞を読んでいたら、小正月の小豆粥と小豆茶を紹介する記事。年末に黒豆と一…

体が下り坂

風呂の排水口の掃除をさぼっている夫に掃除を催促する夢を見た。現実そのもので疲れる。 開店時刻から友人たちと駅弁大会に行く夫を送り出したあと、風呂に入る。仕事で外出する夕方まで編み物を進める。2週間後の送別会までに仕上げないといけない。やっぱ…

海苔のりべんを布教する

9時から仕事。寒くて起きるのが辛い。 長丁場の1日。イベントがあり、夜までの仕事で気が張っていたが同僚たちが頼もしく、無事に楽しく終えた。 夜のイベントのあと、恒例のクールダウンの時間。同僚たちと話す。今日のイベントのこと、ここ数日の気がかり…

新しい世界

平日休みで、予定を入れているので、まずは入浴と洗濯。晴れてはいるが、ずいぶん寒い。ラジオからは北陸方面で鉄道や道路の立往生のニュースが繰り返し流れる。コーヒーを淹れて一服。 昼から外出。新宿永谷ホールで行われること新宿講談会へ。何度か通って…

メミルスジェビで明日への英気を養う

どうにもこうにも起きられず、10時過ぎまで眠る。11時過ぎに家を出ればいいので気が緩んだのもあるけど、正月明けからの仕事のリズムとスピードに体がついてきていないような感覚。眠さが体の芯からしみでてくるようだ。 外出の用事を済ませ、職場近くのベー…

駅弁大会が始まった

昨日の疲れでなかなか起きられず。昼休みとらずに根をつめて働いたうえに、落語会がいまひとつでしかも結構終わるのが遅かったというつらさよ。 定刻に家を出られず、少し遅れて出社。午前中から夕方にかけて、オンラインの会議が3本あり、合間にもろもろ済…

初めての落語会へ

昨夜はおそらく22時過ぎには寝落ちしたので、10時間近く寝たはず。よく寝た。終盤は仕事がらみの長編の夢を見て疲れた。今日の仕事に寝坊する夢も見た。 夫の物音で目を覚まして、昨日のポタージュ、煮豚の残りに元旦に夫の実家でもらった三つ葉を添えて出す…

朝練、遠征

早起きして「朝練講談会」へ。お江戸日本橋亭に行くのは初めて。10年以上前このあたりで働いていたのだけれど、大きな建物がいろいろと建っている。 9:15開場だが、混雑が予想されると前日にTwitterで告知されていたので、念のため8:30過ぎに着いてみる。早…

脂のうまみがきわだつ

4時過ぎに一度めざめたあと、ぐっすり眠って9時前に起きる。晴天なので夫の布団を干す。 今日は何の予定も入れていない。押入れにしまったままの服の処分をする。 radikoを聴きながら編み物。靴下の片方がまだできあがらない。編み込み模様部分がようやく終…

異世界の話を聞く

今日も8時から仕事。シャワーを浴びて出社する。 急な来客もあったが、やるべきことはほぼすべて終える。休み明けで2日続けての長時間勤務はさすがに疲れた。 定時であがり、高校時代の友人と数年ぶりに会う。20代の頃度々行ったピザのおいしい店がまだあっ…

海よりもまだ深く

昨夜作ったトマトのスープをポットに入れて出社。今日から少しずつ同僚たちが復帰してくる。 8時から仕事を始めて、ずいぶん先の仕事まで手をつける。人が少ないのでなにかとはかどる。 今日は何人かいるのでラジオはつけないが、1人での勤務だった昨日はrad…

じりじりとなんとかここまで来た

今日から久しぶりの仕事、しかも早いシフトだと思うと、緊張して熟睡できない。早く起きてしまった。 1週間ぶりくらいの職場。皆元気そう。 今日やらないといけない単純作業を3時間くらいかけて終わらせる。他の業務もおおかた終わらせて定時で帰る。 ずいぶ…

窓がぴかぴかで気持ちが良い

8時前に目ざめる。明日はこの時間くらいには起きて仕事に行かねばならない。 ラジオは通常スケジュールで放送されている。大変だろうとは思いつつも、なんとなく心強い。 伊集院のラジオを聴きながらコーヒーを淹れる。年末に見たテレビで、フィルターの下辺…

幸先のよい元旦

8時過ぎにめざめて入浴。10時頃、近くの神社に初詣に行く。神楽の音が聞こえてくる。まだ舞い手は出ていない。おみくじは中吉。夫のfacebookによれば、私の舌がんが見つかった2015年の元旦は2人とも凶をひいていたらしい。笑えるような笑えないような、でも…