ほとり日記

2017年1月からの日記

術後2年目の夕食は天ぷらそば穴子天添え

朝方、足のだるさで目をさます。昨夜風呂に入るのをさぼったからな。 夫のめざましがなったあと、布団の中でスマホをいじり、流れてきた選挙演説の動画を見る。同じものやできごとを見ても、人によって受け取り方が違うということは往々にしてあるが、選挙は…

今日も冬の寒さが続く

朝一での仕事があり、いつもより早く出社。今日も冷え込んでいる。 会議、来客が続き、隙間時間に昼食を流し込む。会議も来客も込み入ったものばかりだったが無事に終わった。 終業時刻を越えてようやくまとまった時間がとれたので、資料作りを1つ終わらせ…

疲れがとれない

目を覚ましても、体がじーんとして重い。まだ疲れがとれていないようだ。どろっとした眠さもあって、なかなか起き上がれない。昼からの出社なのに、ぎりぎりまで眠ってしまった。 イベント関連の仕事を優先してきて、後回しにしていたシステム関連の仕事を片…

なんか黒いと思ったら全員男性だった

昨夜寝たのが遅かったので、なかなか起きられず。夫を布団から見送ったあと、10時近くなって起き上がる。今日も寒そうだ。 歯をみがいて、緑茶を淹れる。 雨は午後からあがるらしいので、たまった洗濯物を洗濯機へ。一回では終わらない量だ。ここのところ忙…

荒んだ気持ちが軽くなる

布団の中で、音楽系のメディアの政治家インタビューを読む。まじめないい記事だと思う。 寒いらしいので、作ったばかりのウールニットのドルマンブラウスを着て出社するが、ウールとはいえ五分袖なので寒い。中にヒートテックとか着たい。 午前中来客。午後…

iPhone発売日かと思った

いよいよイベント当日を迎える。 慌ただしいながらも準備が例年以上に順調に進み、蓄積を感じる。途中で買い物をしたりしゃべったり、楽しいうちに一日を終える。片付けもものすごい速さで終わり、この日のために集まった見ず知らずの人がこれだけ協力しあえ…

風呂の効能

7時のめざましで起きられず、8時前に起床。牛乳だけ飲んで出発。この2日くらいおかしかった腰の感覚が悪化している。疲れがたまっているっぽい。なんとか月曜日までもってほしいのだけれど。 9時から仕事。午後はイベント設営で外出。夜は別のイベント。とて…

ブラウスを着て小躍りする

夢にかつての同僚が出てきた。作った服をほめられた。 夫の朝食にキウイとヨーグルトを出し、自分の分もむく。 今日も早めに出社する。薄着で出てしまい、ずいぶん寒くて驚く。雨も降っている。 昼食に昨日炊いた栗ごはん。渋皮の分、栗の甘みを感じにくいけ…

玄米栗ごはんを炊く

寝足りなくてなかなか起きられず、布団から夫を見送る。 熟しすぎた柿を食べて出発。 週末のイベント準備のため、早めに出社。やることが多くなってきたので、同僚とやるべきことの優先順位と分担を確認する。 会議、イベント準備などで今日もあっという間に…

選挙もフェミニズムも夕食のおかず選びみたいに話したい

早めのシフトでめざましの時間を間違えてセットしてしまい、1時間寝坊。 1日職場を空けていた分のメールチェックや急ぎの仕事を済ませる。週末の大きなイベントの準備もあるし、ほかの重めの仕事もあり、あっという間に1日が終わる。 夫と途中で待ち合わせ、…

時間の積み重なった路地

寝不足が解消されないまま、ホテルを出発。 上司に街を案内してもらう。訪問先で予定外に話を聞かせてもらうこともでき、予定時間を大きく超えて歩く。最初は時代から取り残されたように感じた街も、あれこれと話を聞きながら歩き回るうちに、そこに時間が積…

出張のおともはフルーツサンド

出張のため早めに起きて出発。できたばかりのワイドパンツをはく。 いつものフルーツサンドを買って新幹線に乗る。本を読んで眠くなってしまった。 到着。気温が高く、歩くと軽く汗ばむ。 会議を終えて行ける人で夕食。寝不足気味で眠くなる。 はじめてのホ…

ラジオに耳をすます少年

後味の悪い夢で目をさます。まだ8時過ぎ。 9時半頃起き出して、お茶を淹れる。久しくぬか床をさわっていないので出してみたら、表面がうっすら白くなっている。おそらくカビなのでとりのぞき、漬けていたきゅうりも取り出す。冷凍庫の煎りぬか、塩、鷹の爪、…

再びカツカレー

目を閉じても頭が勝手に考えごとをしているような感覚だったが、あっという間に朝を迎える。7時のめざましで目をさます。寝る前に風呂に入り、軽く股関節周りのストレッチをしたら、朝の体が少し楽。これを続ければこの鉛のように重い感覚がやわらくのだろう…

紙一重の実感を思い出す

洋裁で夜更かしぎみで、風呂に入らずに寝てしまうので、朝ますます起きづらくなってきている。 布団から夫を見送り、二度寝をして起床。風呂に入り、パンなどで朝食をとって出社。 布団の中で、スマホを見ていたら、舌がんで死んだ人のエピソードにうっかり…

オリーブの新芽に目を奪われる

ものすごくおいしいレンコンの料理3品を食べる夢をみて目がさめる。昨夜寝る前に見た料理番組がレンコン料理だったからだな。 自分の弁当に白米を炊き、夫を送り出す。洗濯機を回し、風呂に湯を張る。 ベランダの植物に水をやる。1週間前くらいからオリーブ…

秋冬物作りに手をつける

夫を送り出した後、隙間時間でリネン生地の地直しアイロンかけ。 出社すると、久しぶりの人が来客。話をきく。 今度は別の人から連絡。心配していたことが杞憂に終わりほっとしつつも、難しさに直面する。 午後、会議2本。疲れる。 残業せずに帰宅。家にある…

黒いかたまり

寝ている間、ひどい偏頭痛で熟睡できず、朝起きたら動けない。なんとか起き上がり、鎮痛剤を飲む。 日中は外出。夏のような日差しで気温が上がる。日焼け止めもつけずに出かけてしまい後悔する。 高齢の人の話をゆっくり聞く。心のしっかりした人で、自律的…

「仲間の前進は私の前進」-映画「ドリーム」

洗濯をして、昼前に家を出る。この秋冬で作りたい服の材料を買いに問屋街へ。きちんと買い物をしに行くのは初めて。 ウール生地専門店に入るが思ったものがなく、有名な大型店に入ってみる。ワイドパンツ用のリネン生地、トップス用のウールニット生地、糸や…

歩き続け話し続けた

右の鼻の穴から、鮭のかまの長い骨が何本もでてくる夢で息苦しくなり、朝方目をさます。鼻の穴から出ていく何本もの骨の感触がリアルに残っていて気持ち悪い。すぐに再び眠る。 昨夜寝る前には、早く起きて遠出しようかと話していたが、まったく起きられず9:…

猫と口笛

延々と続く悪夢を見て、早朝目をさます。心拍数があがってしばらく寝付けないでいた。 夢と現実の区別がつきづらくなってきたのはどれくらい前からだろう。「あれは夢だったよな」「あれは現実のできごとだったか」「夢なのに現実のこととして人に話してしま…

とんかつ屋の前のすずめ

長くおそろしい夢を見て、ピンチの場面で目をさます。この夢を見る前に一度目を覚ましたのだった。それから1時間も経っていないのにかなり長編のおそろしい夢を見て疲れる。 夫が出かける時間になっても起きられず、布団から見送る。その後もしばらく起きら…

生傷の感触

夫のめざましがなり、目をさます。昨夜の雨はだいぶおさまったようす。 昨夜のうちに詰めておいた夫の弁当に千切りキャベツを追加し、朝食に冷奴を出す。夫を送り出したあと、朝刊を読みながらバナナ、キウイ、ヨーグルトで朝食。あまり時間に余裕がなかった…

三駅分歩いて帰る

父にまつわる寂しい夢を見て、めざましがなる前に目をさます。昨日会った父が穏やかだったからだろうか。長生きしそうな人ではあるけれど、常に彼の死を想定して、心の準備をしているようなところがある。 夫に朝食を出し、送り出したあと洗濯。明日が雨の予…

家でも実家でもよく働いた

3連休最終日の今日は、午後から実家に行かねばならないので、朝のうちに洗濯、部屋とトイレの掃き掃除を終わらせる。天気が良いので薄手の毛布とタオルケットも洗ったが、にわか雨の可能性があるらしい。どうか降らないで。 風呂に入り、ついでに扇風機のパ…

病院と書店をはしごする

日曜日からの3連休の中日。起抜につけたラジオから最初に聞こえてきたのが、アメリカのNFLのニュース。大統領の差別的な発言・政策に対する抗議行動をとる選手たちへの、大統領の反応があまりにも子供じみていて作り話のよう。彼に関するニュースを聞くと、…

的確なことばを丁寧に選ぶおとな

任天堂スウィッチの抽選に並ぶために早起きする夫の物音で起こされる。夫が出かけてしばらくして起きる。 曇り空のようだけれど、カバー類を外して布団を干し、衣類や寝具カバー類の洗濯、部屋の掃き掃除を一気に片付ける。 昨夜友人宅でもらってきた入浴剤…

友人宅で延々話す

実家近くで自分がどこに向かっているのかわからなくなる夢を見た。不安だったな。気がかりな人のことをそのまま反映したような夢だった。 今日も土曜シフトで出社。先週と違い1人なので忙しい。途中、気を使う外出もしなければならないし、宅配便の配達が遅…

カツカレーから始まる夜

午前中のイベントのため、いつもより2時間近く早く出社。前の日になるべく早めに寝るようにしたのと、入念にストレッチしたせいか、わりと早く起きられた。 イベントは無事終了。午後も余裕で定時で帰れると思いきや、終業時間ぎりぎりになって仕事が舞い込…

早寝を試みるが失敗

7時半のめざましが鳴ったあと、どうしても起きられない。布団から夫を見送ったあともうつらうつらと眠り、9時半過ぎにやっと起き上がる。めざましのあと2時間も起きられないというのは大丈夫なのだろうか。今日こそ早く眠ろうと思いながら駅までの道を歩く。…