読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほとり日記

2017年1月からの日記

ソウルの冬を思い出す

夜中、夫のいびきで目覚める。
耳の調子のせいで低い音が響いて聞こえるので、いつもより気になる。

目覚めては眠るのを繰り返し、9時過ぎに起きる。
夫がおなかがすいたというので、残っているゆで卵、ハム、キャベツ、ネギでラーメンを作る。おいしいとのこと。
私の朝食は、解凍してあったごはんに海苔をちらし、ハムエッグ丼にする。卵に火が入りすぎた。しょうゆをかければよかった。卵はむずかしい。

明日の来客に備え、片付けと掃除。

私は洗面台と食卓などの片付け、古くなった花の処分、夫は洗濯、部屋の掃除、風呂掃除。家の中が明るくなった気がする。

入浴後、昼食に昨夜コンビニで買ってきたおしるこをあたためたものを食べる。

radiko久米宏のラジオを聞きながら出社。
午後からのイベント仕事はうまくいき、笑いの絶えない時間だった。同僚たちと片付けをしながら、来年もこのオペレーションでやろうと話す。
帰りがけ、話の流れで同僚たちに能町みね子について教える。書かれたものをたいして読み込んでいるわけでもないのに、知ってほしくてついぺらぺらとしゃべってしまった。恥ずかしいことをした。

仕事のあと、夫と友人たちとの飲み会に合流する。
薄毛の心配としくみと対策、古典を本気でたのしめば100年くらいはいける、付き合うならマネージャーが同じソロミュージシャン同士くらいの間柄がいい、などと話しているうちに終電が近づいてきた。笑ったな。また会いたい。
駅まで友人たちを送り、夫と帰る。
寒波の影響でかなり冷え込み、顔に触れる空気が冷たくぴりっとしている。ソウルの冬を思い出すねと話しながら歩いた。
駐車場の猫は不在。