読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほとり日記

2017年1月からの日記

経過観察、野良猫に尻を向けられる

2017年1月 あむ日記

夢の中で、韓国の見たこともないシュールな景勝地にいて、不思議なきもちになる。見たことのない生き物に持ち物を奪われて怖くなり、目の前は水辺で、この先どう進めばいいのかわからず不安になっていた。

別の夢では職場にいて、同僚たちも出てきた。かつてインターンをしていた学生と話をして「そんな責任感で仕事されているんですね」と泣かれていた。インターンをしていた当時は少し心配になる学生だったけど、おとなになったのだなあと思ったのだった。

妙な夢からさめて、なぜか涙がこぼれた。変なの。
見た夢が、ことごとく昨日のできごとの後片付けみたいだった。

朝食は、昨日のみそ汁、作り置きの豚肉と玉ねぎとえのきの炒め物、スナックエンドウ、栗きんとん。昨日の弁当に入れなかったキャベツの芯の部分の刻んだものも。夫はめずらしく納豆卵かけごはんを食べていた。
耳鳴りが続くので、夕方に鍼灸院の予約を入れた。

昼からHクリニックでマウスピースの確認と舌がんの経過観察。
2週間ほど前に左顎の違和感を臨時で診てもらっていたので、それ以降、顎の症状はひどくならなかったが、耳に近いあたりにむずむず感があることを伝えた。
前回の診察と同様、今日の触診でも顎の異常は見られず、来週の造影CT検査で異常の有無ははっきりするだろう、となった。
私からは、先週メニエール病と診断され服薬中であることを伝え、来週の造影CT検査日は薬は飲まないで行った方がいいのか聞いた。
K医師によると、そもそも似た症状を呈する病気が多いので、メニエール病の診断というのが難しくて、場合によっては脳外科の領域のこともあるんだけどね…とのこと。とりあえず当日は薬を飲まずに検査を受けること、造影CT検査では脳の下半分くらいは映るしそれでいいでしょう、ということで終わった。

夫から、ここ2週間くらい姿が見えずに心配していた近所の野良猫がいたと連絡。ひなたの駐車場で寝そべっていたらしい。のんきだな。生きててよかった。

床屋帰りの夫と落ち合い、うどん屋で遅い昼食。ちくわ天も注文した。どんぶりを空にする。

鍼灸院の時間まで、近くのカフェに立ち寄る。度々行く店で、店の人とたまにことばを交わすことがあったのだけれど、今日初めて長い時間話した。

鍼灸院のあと、近くの焼き鳥屋に行く。初めての店だったが、たぶんもう行かないと思う。
家まで歩き、野良猫のいる駐車場付近を通る。2週間ぶりくらいで再会。近づいてきて、黙ってこちらに尻を向けて、触られるのを待っている。しばらくなでているとゴロゴロと喉を鳴らしていた。