読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほとり日記

2017年1月からの日記

猫にふられる

夫の弁当箱を洗い、弁当を詰めて送り出したあと、久しぶりにきちんとめの朝食を食べた。玄米、インスタントのみそ汁、キャベツの塩もみ、ゆで卵、かつおみそ。

午後からの出社なので、気分的に余裕がもてる。トイレ掃除をしたあと、コーヒーを淹れて、解凍しておいたカステラで一服する。十日くらいたまっていた新聞と、同僚から一ヶ月くらい借りっぱなしの漫画を読む。読み終わったら目がしょぼしょぼして眠くなる。

カランコエの鉢植えを室内にいれたときに折れてしまったひと枝を、ガラスの器にさしてあるもののつぼみがようやく開きそめた。てっぺんのが一つ、濃いピンク色をのぞかせている。鉢植えのはまだまだ。 

おなかが空かないので、昼食をとらずに午後から出社。帰りに銭湯に寄れるようにお風呂セットももって。

定例の会議。業務量の調整について話し合う。お願いしたいことを伝えあい、いったんの方針を共有した。

午後もかけぬけるようにして働いて帰る。席が近くなった同僚と「息ができないね」「呼吸減ってるよね」と話す。

銭湯には行かず、夫と待ち合わせて駅前の天丼屋で夕食を買って帰る。

しばらくぶりでいつもの野良猫と会えた。こちらには目もくれず、近くのアパートに入っていく若い男性のあとを追って敷地内に入ると、その男性の部屋のドアの前でちょこんと座って待っている。いつもごはんでももらっているのだろうか。何度か猫に声をかけて、敷地から出てきたところで少しだけなでた。いつもよりもこちらへの関心が低い。こんな顔もあったのか。

 

 

広告を非表示にする