読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほとり日記

2017年1月からの日記

混沌の朝、口笛の夜

七時。早いシフトのスタッフから電話あり。寝坊したので八時半の到着になるという。私が行くことにする。他の同僚など、いくつか連絡をして出発。今朝炊くつもりで研いで水につけておいた米はそのままにし、夫の弁当はなしとする。

八時に出社。朝の業務だけ先にやりつつ、社内のネットが昨日から繋がっていなかったらしいことに気づく。固定電話も使えない。カスタマーサポートの営業時間まで待って、朝の業務と並行して問合せ。結局、ケーブルの中継点の接続が悪かったことが原因だった。深刻な理由でなくてよかったけど、拍子抜けする。

同僚たちが出社。朝の顛末を話し、ケーブル類の整理に手をつける。配線を一部変え、不要になったケーブルや機器をとりのぞく。もろもろかたづいたことでスペースが生まれ、充実感を味わう。その間、救急搬送の連絡が入ってそちらの対応を同僚に依頼したりして、朝から慌ただしかった。

午前に予定していた会議が一つなくなる。リスケの連絡のついでに、別の会議の相談をする。ほぼ答えが出ていたことに整理をつけることができた。

夕方、会議。伝えたいことをきちんと伝えられたし、疑念に思っていたことは真意を聞けたし、思っていたよりもずっといい時間にできた。

帰りがけ、気になっていた小さなことが立て続けに解決し、すっきりした気分で隣の駅まで歩く。

いい気分でいつもより早めの帰宅。朝炊けなかった米を炊き、冷蔵庫の作りおきのおかず三種とレトルトのみそ汁とで夕飯にする。色どりのいい夕食になった。

湯船に浸かりながら口笛を吹く。思ったような音程にならない。こどもの頃から口笛が得意だったのだけれど、舌の手術をしてからは下手になった。