読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほとり日記

2017年1月からの日記

六年前の今日のことは去年の今日のことよりも覚えている

二時過ぎ、六時過ぎに目がさめる。昨日買った漫画『BLUE GIANT』を布団の中で読む。

九時前に起きて朝食にする。白米、みそ汁、納豆卵、海苔、生姜の酢漬け、人参のラペ、もやし塩ゆで、豚肉と玉ねぎの生姜焼き。米に生姜の酢漬けをのせて海苔で巻くのがおいしい。

ラジオの中継で、六年前の今日何をしていたかを一般の人に聞いていた。「去年の今日のことは覚えてなくても、六年前のことは覚えてるでしょ?」というのを聞き、たしかにそうだなと思いあたる。

私は職場にいて、金曜日の会議中だった。奥まった狭い会議室にほぼ全員がいて、たまたま関西からきていた社長の「この建物はまずいからすぐ外へ」という呼びかけで全員外に出たのだった。阪神淡路大震災の経験から、この構造の建物は危ないと言っていた。避難場所になっている小学校に皆で移動してラジオを聞き、しばらくしてから当時わりと近くに勤めていた夫と途中で合流して歩いて帰った。津波のことは何も知らずに歩いていた。

建物の外に出て、経験したことのない揺れに空を見上げたら、真っ青だったこともよく覚えている。

昼から出社。午後の来客の準備をする。

 夜の月例のイベントは盛況に終わり、楽しくも疲れた。

週明けの仕事の準備や、スケジュール調整をして帰る。遅くなってしまったが、外出先の夫と合流し、昨日行けなかった店で食事をして帰宅。二駅分歩く。沈丁花の香りが甘い。