読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほとり日記

2017年1月からの日記

廃業する銭湯でキャラメルをもらった

日曜日でゆっくり寝たかったのに五時半に目がさめてしまった。眠れないので雨宮まみの『女子をこじらせて』を少し読む。率直な書きぶりが心に残る。寝たり起きたりを繰り返して十時前まで布団にいた。

NHKのラジオで若松英輔の番組の再放送。ついじっと聞いてしまう。

朝食は、先週末に買ったおいしいソーセージ、目玉焼き、にんじんラペ、ザワークラウト、ヨーグルト煮りんごのせ。ザワークラウトはまだ早すぎた。
着替えて部屋の掃き掃除をし、台所と風呂場のマットを洗う。

この二ヶ月のピンチを臨時で支えてくれた元同僚たちの勤務が今週でいったん一区切りとなるので、プレゼントのクッキーに添えるカードを書く。昨日、実家近くの好きなパン屋で買ってきたクッキーなので、おいしく食べてもらえるといい。

iPhoneの動作がかなり重くなってきたので機種変更に出かけることにする。携帯ショップの近く、かつて済んでいた場所近くの銭湯がまもなく廃業するときいたので、入って帰ることにした。先に出た夫の分もお風呂のセットをもって出かける。

携帯ショップが混んでいて時間が空いたので、銭湯の開店時間まで夫とファミレスで時間をつぶすことにした。朝食以来何も食べていなかったことに気づき、コーンポタージュ、麻婆豆腐、フライドポテトを頼む。食べたいものから順に頼んだらこうなった。
もっていった『暮しの手帖』を読む。読みこみたい記事ばかりだ。

銭湯に行くと混んでいる。ここの銭湯はお湯の温度がどうかと思うほど高いのだが、今日も本当に熱くて、「あちち・・・」とやっていたら常連客らしき女性二人が「いいのよ水入れて」「熱すぎるのよ」と声をかけてくれた。脱衣所では高齢の女性が別の女性のめくれあがった服の裾を直したりしていて、コミュニティがあるのだなと感じる。ここがなくなったら他のところに行くのだろうか。
帰りに番台のおかみさんからキャラメルをもらった。80代らしい。商売たたむってどんな気分だろうか。

機種変更をして疲れ果て、コンビニで夕飯を買って帰る。明日の弁当用にさんまの糠漬けを焼きながら夕飯を食べるしたくをする。せっかくなので焼きたてのさんまを食べることにする。
白米が上手に炊けた。明日の朝食と昼食用に梅干しのおにぎりにする。
明日は早いシフトなので早く寝る。