ほとり日記

2017年1月からの日記

もう気を大きくもっていいですよ

五時過ぎのめざましで起きる。めざましがなるまで起きずに眠れたのはいつぶりだろう。昨夜は十一時には眠っていたはずだから、まとまった時間眠れたことになる。この感じで七時くらいまで眠れたらだいぶすっきりするのにな。
よく眠れたのは、昨日の熱すぎる銭湯と携帯ショップの説明のおかげか。再現が難しい。

何度目かのめざましで布団から出て、麦茶を温める。身じたくをするが、切りたての髪、替えたばかりのメガネ、まだ慣れない。ピアスもなんだか似合わないような気がしてくる。

本降りの雨の中出勤。寒いのでブーツにする。
雨なので忙しくなく、ゆとりをもって新しい同僚に引継ぎができた。
今日で一区切りとなる元同僚にクッキーを渡す。

出社してきた同僚たちに、髪とメガネを褒められる。お礼に、「藤田嗣治に似ている」と言われた話をする。もれなく苦笑いされるのがおもしろい。

昼過ぎに職場を出て、経過観察のために大学病院へ。
入口の自動受付機に診察券を入れるときにはいつも、検査のために初めて来たときのことを思い出す。あのときは、「どうなるのかなあ」と深刻さのない心配な気分だったけど、こんなとこまで来ちゃったなあ、といつも思う。

外来はずいぶんと混んでいた。
術後一年半になるので、「最初の一、二年が一番注意が必要」と言われていたことを医師に確認する。「一年すぎればまあ安心です」「もう気を大きくもっていいですよ」とのこと。ほっとする。
売店でいつもの歯ブラシを買い、職場に報告の電話を入れて、そのまま外出。
駅前の立ち食いそば屋でちくわ天そばを食べる。
仕事を終えて、自宅までバスで帰れる駅まで歩き、駅前のケーキ屋でショートケーキを一つ買って帰る。

先日、元同僚がくれたやなか珈琲の粉でコーヒーを淹れる。時間がたって香りがだいぶとんでしまっていたけれど、湯を注ぐとナッツのようないい香りがたつ。酸味が強く感じたが、ケーキと一緒に飲むとコクがあっておいしい。小さなお祝い。