読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほとり日記

2017年1月からの日記

パーラー行脚

眠いのに眠れないなあと思って、ねばってねばって時計を見たら六時前。

七時半に布団から出て夫の弁当を詰めて、昨日のみそ汁を温める。

昨日着たワンピースにドーナツのチョコレートを三ヶ所もつけていたので、部分洗いをして他のものと一緒に洗濯機へ。

入浴後、朝食。みそ汁、にんじんラペ、ヨーグルト煮りんごのせ。

デニムに白いシャツワンピースを着て出社。タートルネックのセーターを着てはいるものの、いつもより薄着だ。このまま暖かくなってほしいけどな。

出社すると、あまり弱音を吐かない同僚が珍しくしんどそうにしていて、どうにかできないものかと思う。

午後、昼食に出ようとしていたらうれしい来客があり、昼食はあとまわしにする。

他にも、びっくりするような対話があったり、小さなご褒美みたいなできごとが二、三あっていい気分になる。何がどう作用するのかはよくわからないのだけれど、こういうことがごくたまにある。

十五時、ようやく昼食に出かける。フルーツサンドとパフェを食べに行こうと同僚と盛り上がり、昨日から約束していたのだった。目的の小さなフルーツパーラーに行くと行列で入れない。少し待ってみたが無理すぎるので諦める。かつて、同僚が行ってサンドイッチがおいしくてとても素敵だったという別の喫茶店に行くが、どうも店のようすが変わっているという。階段下にかけられたホワイトボードに書かれたメニューの内容と風体から素敵な雰囲気が感じられず、迷ったあげくやめる。もう諦めて中華でもいいか…となりかけるが、近くに老舗のパーラーがあるのを発見し入る。初志貫徹し、サンドイッチとフルーツパフェを食べながら延々話した。サンドイッチは、野菜の水分をきちんと除くとかもろもろの丁寧な下準備を感じるくっきりとした味だった。

退社後、銭湯に立ち寄る。なかなか身体が温まらない。

広告を非表示にする