ほとり日記

2017年1月からの日記

生活と社会はつながっている

目覚ましがなっても、夫が出発しても、まったく起きられない。自作スコーンをレンチンして牛乳と流し込み、家を出る。

近所のツバメの巣に、じっとしている親鳥の頭と尾が今日も見えた。

職場に着くと、なんとなく雰囲気が重い。週のはじめで天気も悪く、みな一様にだるいと話していた。

今日はさほど立て込んでいないので、インターンの学生たちに依頼したいことをまとめて伝えたあとは、ぼちぼち仕事をする。

玄米定食屋で遅めの昼食。鶏胸肉の粒マスタードソースがけが、しっとりとしておいしかった。玄米は安定の炊き加減、みそ汁が豚汁で嬉しい。

夜、予定外に会議が長引く。ふつうの人の生活の中にある価値、というような話が出た。私は私の生活を大切にしたい。私なりに楽しんでいるこの生活は、確実に社会とつながっている。その視点で考えると「暮しの手帖」はやっぱりいい雑誌だと思う。

土曜日の朝から続く目の奥の痛みが一向に良くならない。スマホのゲームをやったせいだ。ふだんやらないことをやるとてきめんに出る。

左顎の痛みが最近また出てきている。範囲が若干広がっている気がする。週末に歯医者に行くので一応伝えた方がよいか。