ほとり日記

2017年1月からの日記

自分で作った食べ物ですごした

朝ゆっくりめに起きて、朝昼兼用の食事。よもぎそば、新しょうがの薄塩漬け、ベランダのしそ、ネギ、白瓜のぬか漬け。薬味が充実していて満足感が高い。

シャワーを浴びて鍼へ。悪いとは感じていたが、腰の筋肉がかなりかたくなっていた。首はまったく自覚症状がなかったのだが、板のようにかたくなっていた。借りていた本の感想や映画の話、商店街の入口で売っているキムチの話など。先日がんで亡くなった著名人の話題が一瞬でる。2時間の施術が終わると猛烈なだるさと眠気に襲われた。

商店街の入口でキムチを、八百屋で野菜を買って帰る。

バスで、父親と小学生男子2人の親子連れと乗り合わせる。降りるバス停を乗り過ごしたことに気づいた父親に対して、息子の1人が「だと思ったよー」というと、父親が「だったら言ってよ!」と口ごたえしていた。同じバス停で降りたあと、父親はぷんぷんして無言で足早に歩道橋をのぼっていった。男子が3人いるみたいだ。

帰宅して、仮眠をとり、解凍しておいた煮りんごと残っていたパイシートでアップルパイを焼く。焼いているときから甘い香りがたちこめる。コーヒーを淹れて一服。買ってきたものを食べるのとはまたちがった幸せな時間だ。

明日の夫の弁当と夕食のしたく。弁当は、豚肉とねぎの炒め物、ネギいり玉子焼き、もやしとピーマンのレンジ蒸し、ミニトマト、千切りキャベツ。夫の弁当を作るのは1ヶ月ぶりくらいか。

夕食は、あじの干物、白菜のキムチ、きゅうりのぬか漬け、もやしとピーマンのレンジ蒸し、わかめと油揚げのみそ汁、私だけ玄米。実家でもらってきたあじの干物は、脂がのった肉厚なものだった。

梅の白漬けは順調に水があがっている。風呂上がりに梅サワーを飲んでみた。もう飲み始めていい状態。夏の間たのしもう。