ほとり日記

2017年1月からの日記

自作弁当を味わう

職場からの電話で起こされる。すぐの対応が難しい内容なので、当座の対応をお願いして、残りは午後対応することにした。

夫と自分の弁当を詰めて夫を送り出し、入浴。汗だくになる。伊集院のラジオのゲストが薬師丸ひろ子。歌う声だけでなく、話す声も透き通っている。

昨日水通しした注文ワンピースの生地に、地直しのアイロンかけ。リトアニアリネンというしっかりした生地。綿よりもごわごわしているが、着ていくうちになじむのだろう。落ち着いた色味の紺だし、長く着るたのしみがあるのはいいな。

ぬか床、梅の塩漬けのようすをみる。上々。昨夜ぬか床に漬けたきゅうりはちょうどいい加減だ。

出社前に立ち寄り仕事を済ます。心配は残るが当初の目的は果たせた。

出社すると、今日中にかたのつかない案件がいくつかできていて、落ち着かない。他の今日やれることから片付けていく。

昼食は久しぶりの自作弁当。玄米、焼き鮭、肉野菜炒め、もやしとピーマンのレンジ蒸し、ニンジンラペ、ミニトマト、ぬか漬けきゅうり。簡単なものばかりだが、満足感が違う。

夜、同僚たちと韓国料理屋で食事。ちょうど賄いの時間にあたって、サムギョプサルをわけてくれた。人好きのする、いかにも「オモニ」という雰囲気の主人がチャーミングだった。よく食べ、よく笑い、解散