ほとり日記

2017年1月からの日記

汗だくで家事にはげむ

9時前、母の店から聞こえる会話の声で目を覚ます。昨夜、風呂上がりの母のマッサージをして寝たのが2時前だったので、もう少し眠りたかったが眠れない。

10時過ぎ、布団から出て身支度をする。カラーのお客さんのシャンプーを頼まれる。寝起き15分ほどで前かがみになるのは辛い。

洗濯物干し、精米、片付けをして、昼過ぎに家を出る。昨日も今日も、一番暑い時間帯に出てしまった。炎天下、もらってきた米や瓶入りの液体など、重い荷物を持って歩き、汗だくになる。

帰宅して、シャワーを浴びる。洗濯機を回しながら、換気扇と五徳のつけおき洗い、布団干し、部屋の掃き掃除と拭き掃除をする。再び汗だくになる。明日の弁当用に料理をして、糠床の手入れ。

18時過ぎに小腹がすいてパンを食べる。座ってみて、帰宅してから座っていなかったことに気がつく。休みなのに働き過ぎた。暑さと疲れでかなりばてた。

昨日、今日とずいぶん暑いので、梅雨が明けたのではないかと思うほど。梅の天日干しをすることも考えたが、また雨が降るらしいので来週末まで待つことにする。

夕食は近所で焼肉。早く寝て疲れを取りたい。

今回の帰省で印象に残ったもの。母の夢の話(夢の中で私がどこに寝ているのだろうと思って目を覚まして、あ、もう結婚していないんだった、と思うらしい)、父の辞書(地がインクで汚れ、束が広がってしまっていた)、マイペースで気を遣わずに生きてるお年寄りが誰よりも元気だったこと。