ほとり日記

2017年1月からの日記

1週間ぶりに料理をした

9時すぎに目を覚ます。梅を干す準備をするが、曇り空。今日やるべきじゃなかったのかもしれない。

昼過ぎ、返却期限をとっくにすぎた本をもって、夫と図書館へ。その足で昼食を食べに行く。

本屋で雑誌、本、全集の最新巻を買う。夕食や弁当のための食料品を見に行くと、小さないわしが10尾50円だった。梅としょうがで煮よう。おやつにどら焼き、夫はわらびもちを買う。帰り道の近くでエッグタルトまで買わされた。

帰宅して、いわしを煮る。頭をとってしまうと小さくなってしまう。これならもう10尾買ってもよかったかもしれないが、よしとしよう。

圧力鍋を火にかけている間に梅干しを取り込んで、保存容器に小分けする作業。ついでに梅サワーも小分けして、大きい瓶はすべて洗う。これで今年の梅関係のことはひと段落か。そのうち梅サワーの実を煮るかなにかしないと。

包丁を研いで、弁当用のおかずを作ったり、夕食の豚しゃぶサラダ様の野菜をしこんだりしているうちに夕方になる。手の込んだものでなくても、自分で料理をすると生活に安定感が出る気がする。

コーヒーをいれて、おやつにする。エッグタルトが思っていた以上においしい。

夕食を見ながら、パク・チャヌク監督の「お嬢さん」を見る。設定がなかなか理解できず、難しい。さすがパク・チャヌクと思わされるおもしろい作品だった。第一部の終わる直前の心配と同情を返してほしい。ムン・ソリの役柄の死の真相に気づく瞬間の恐ろしさよ。

ようやく扇風機を出す。今日は涼しいのでよく眠れそうだ。