ほとり日記

2017年1月からの日記

小さな黒猫がまぎれこんだ

夫の実家で朝を迎える。7:30すぎ、夫の父が町内の用事のためにでかける声がする。出かけた後にトイレに起きると、物置から子猫のような鳴き声が聞こえてくるので見てみてほしいと夫の母から頼まれる。まだ本格的に起きるつもりはなかったが受ける。

物置に行くと、にゃぁにゃぁと鳴き声が聞こえる。わりと声はしっかりしているが、ふだん聞く近所の猫たちの声よりも幼い印象。声をかけながら物をどかしていくと、20センチ強の小さな黒猫の姿がちらっと見える。怖がってものかげに隠れてしまうので、いくつも物をどかさないといけない。

隣の敷地との境のブロック塀に、一箇所隙間があいていて、そこから段差をおりて物置に入り込んで戻れなくなっているらしい。姿が完全に見える状態になると、段差をあがって戻ろうともがいていたが、意を決したのか、びゅんっと飛び出してきて姿を消した。

ブロック塀の隙間を塞ぐように別のブロックを置き、荷物を戻す。起き抜けに力仕事をして腰が痛い。

屋内に戻り身支度をして、夫とその母と車で出かける。チェーン店のおいしいパンケーキ屋があるらしい。

食後、夫の母の留学用のこまごまとしたものを買いに郊外の大きなモールへ。週末のモールは小さな子どもを連れた同世代の親たちが多い。ついでに夫の靴を買う。

家へ戻り、帰る支度をする。その間、庭の方から猫の鳴き声がする。朝の子猫か。庭になっているイチジク、冷凍した手作りの餃子などいろいろもらう。

駅まで送ってもらう車に乗ろうと外に出ると、隣の家の床下から子猫の鳴き声がさかんに聞こえる。朝の猫だ。母猫を呼んでるんじゃないかと思うと不憫になる。

途中の駅で夫と別れ、先に帰宅する。腰痛が悪化。前かがみになると痛みが走るようになる。

帰宅して、もらってきた食料をしまい、シャワーを浴びる。少し昼寝をして、もらってきた大量のニラの仕分けをして、茹でたり、明日の弁当用に卵焼きにしたり。

夜、散歩を兼ねて夫と遠くの薬局へ歩く。途中、長年聞いているラジオ番組の中継が来ることを知る。ラーメンを食べて、コンビニでアイスとデザートを買って帰宅。