ほとり日記

2017年1月からの日記

5連休初日 母と話す

11時から鍼灸院へ。背中から首にかけて筋肉がかたまりすぎて鍼が入らない。もっと早く行くべきだった。

近くにできたベトナム料理屋でランチ。繁盛しているのだけれど、ホールスタッフが足らないのでかなり待つ。バインミーベトナムコーヒーがおいしい。

商店街の本屋で本と雑誌を買いたかったがいずれも納品なしとのこと。今日買いたかったので、隣の駅の本屋まで足を延ばす。

めあての本と雑誌を買って喫茶店に入るが、鍼のあとでだるさが出てきたので切り上げて帰宅。昼寝をする。 

起きたら夕方。暗くなってきて、おなかも減ったので冷蔵庫の中のもので夕食を済ませる。

父のことで母から連絡。もともと社会にフィットできていなかった父だが、言動のチューニングが少しずつずれてきている。年をとってきたことと聴力が落ちて孤立していることが影響しているのだろう。何者にもなれず、家族に思うようなことがしてやれず、わずかな残り時間の中でなんとかしたいともがいているのだと思う。母も私も、そのことをひしひしと感じて父のことを気の毒に思いつつも、直に接すると困惑するし、苛立ちもして、そのはざまにいる。兄はすっかり父から遠ざかっているが、兄のかなしみは想像できるので、仕方がないとも思う。父のことを考えると気が重い。