ほとり日記

2017年1月からの日記

「音締めがいい」というほめ言葉

寝汗で夜中と朝方に目がさめる。体調の変化の兆し。早く落ち着いてほしい。

9時から仕事。来週は出張もあるし、休みもあったりで、職場にいる時間が少ないので、今日はできるだけ仕事を進めないといけない。

インフルエンザ治りかけの同僚が出社したものの、調子が悪そうなので別室で仕事をしてもらう。あちこちで流行っていると聞き、職場の健康が気がかり。

遅めの昼食に手作りのカレーをごちそうになり、夜まで仕事。昨日話を聞いた内容を記事にして社内確認にまわす。月曜の出張は予定が3本入っており、その資料準備にも時間がかかり、22時近くなって退社。

 コンビニでスープを買って帰宅し、あるもので夕食。

久米宏 ラジオなんですけど」をタイムフリーで聴きながら入浴。今日のゲストは楽しみにしていた曲師・沢村豊子。一度しかみたことがないけど、あのキレのよさ、加えて響きのよさを「音締め(ねじめ)がいい」と表現することを知る。

 

朝/ホットミルク

昼/パン、納豆カレー

夕/味付け卵、にんじんラペ、ゆでもやし、パン、ちゃんぽん(コンビニ)