ほとり日記

2017年1月からの日記

なにかと多感になりがち

7時すぎに頭痛で目覚める。昨夜寝る時点で頭痛が出始めていたのだけれど、薬を飲みに布団から出るのがおっくうで我慢して寝ることにしたのだが、おさまらず。夜中も頭痛があり、熟睡できなかった。二度寝をして9時頃目覚める。

夫の母から、夫の家族と私のメールグループあてに「春から女子大学に入学する」との連絡。受験したことも知らなかったので驚き、いいしらせに喜ぶ。お祝いの電話をしてしばらく話す。大学入学以外にも考えていたことがあったといい、頼まれごとをした。

起きて朝食を作る。湯豆腐にしようかと思っていたが、なめこがあるので味噌汁にして、白菜は目玉焼きと一緒に焼くことにする。ごはんはダイエット中の夫と半膳ずつ。

コーヒーを淹れて、夫がバレンタインデーに職場で配られたお菓子を食べる。手作りのお菓子だとわかるラッピングだったので、食べるのを楽しみにしていた。コーヒーとよく合う。

午後から実家へ。ガス台、換気扇、トイレ、脱衣所、洗面台の掃除。1時間ほどで効率よくできた。

夕方から高校時代の後輩が約20年ぶりで遊びにくる。前回初めて彼女が実家に来た時は病気のまっただ中で、自分が知っていた頃の彼女とのギャップを感じて、彼女が患う病気への知識が何もないながらも「今はこういう感じなんだな」と感じながら話したのだった。

あの頃のことを思うと、今の回復ぶりに目をみはる。ぎりぎりのところで踏ん張って、一歩一歩積み重ねて今に至ったその頑張りを思うと、ほんとにえらかったと思う。話していて、何度か目頭が熱くなる。

彼女が帰った後、私の髪を切ってもらい、近所の中華料理屋で夕食。古いお客さんと会い、しばらく話す。まもなく80歳になるというが、はつらつとしていて70歳くらいにしか見えず、驚愕する。大病もしているし、家族のことで苦労もしている人なのだけれど、勝ち気な人で、不運や不幸にも負けない生き方がにじみ出ている。何年かぶりで会えてよかった。中華料理屋の息子さんが出してくれた大根の甘酢漬けがおいしかったと伝えたら、レシピをメモしてくれた。いつも気の利いたおかずを少量つけてくれる。奥さんが故郷の宮崎の梅干しをくれた。家族で好意を示してくれて嬉しい。

家に帰って母のパーマ、カラー、カット。合間に居間の掃除と床拭き。店の換気扇の埃取りをして、掃除も全て終える。

日付けが変わる頃実家を出て、タクシーで帰宅。

体調のせいもあるのか、なにかと感じ入りやすい一日だった。

 

朝/なめこ・豆腐・白菜の味噌汁、焼き白菜と目玉焼き乗せごはん

おやつ/チョコレート菓子、花ぱん、コーヒー

昼/なし

おやつ/モンブラン、コーヒー

夜/餃子、回鍋肉、酢豚、野菜スープ、白米