ほとり日記

2017年1月からの日記

小さな規則を破り続ける

予定が立て込んでいる上に、ややこみいった案件が舞い込み、みな忙しく働いた1日。

夕方、同僚から時間を作ってほしいといわれて2時間ほど話を聞く。いろいろなことがからみあった頭の中が整理されたらしく、明るい表情で帰って行った。

日中はほとんど机にいられなかったので、定時を過ぎてから通常の仕事に手をつけて、結局22:30まで仕事。朝、遅めの出社にした意味がなかった。

買ったままになっていた『初めての沖縄』(岸政彦)を読み始めた。沖縄で出会うタクシーの運転手を例に岸が「自治の感覚」と呼ぶものについて、この感じを書き記しておきたいと感じる感覚に深く共感する。いい社会というのは、他人同士が親切にし合う社会で、それは小さな規則を破り続ける社会だというのもすごくよくわかる。その類の小さな規則や規範を破りたい、その方が楽しいし楽だと思って生きているところがある。

 

朝/どくだみ茶、ドライフルーツ、ナッツ、コーヒー

昼/ミニトマト、豚とセロリの高菜炒め、米、梅干し、ごま

おやつ/スナック菓子、おにぎり

夕/ホットミルク