ほとり日記

2017年1月からの日記

日がな一日雨の音

台風の影響で朝から雨。気温が低い。せっかくの平日休みだけれど、出かける気がしない。朝食に2人分の目玉焼きを焼く。

夫が仕事に出た後、洗濯2回。この雨なので乾かないだろうが、湿った状態の衣類を溜めておきたくない。合間に掃き掃除をする。読んでいない新聞、雑誌、本があちこちに散らかり、ひどいありさまだ。未見の番組をまとめて見たりして、あっという間に午後も半ば。松之丞がナレーションを務める浅草ロック座のドキュメンタリー見て、行ってみたくなった。

少し前にラジオで紹介されていた漫画『違国日記』『1122』をまとめて読む。『違国日記』のまきおちゃんとその友人たちにやたら気持ちが寄って行ってしまう。年齢のせいかな。『1122』は読むの楽じゃない。でも4巻目読みたい。それにしても、やっぱり「漫画」はすごいな。演劇を観た時も「演劇」という表現の枠組み自体、その力に感服することがあるけど、漫画も相当すごいと思う。紙の上(今は画面かもしれない)で、どんなことでも描き出せる。文章だけじゃできないことができるんだな。

夕食は久しぶりに家で2人で。簡単なものばかりだけど家のごはんは落ち着く。今日は三食家飯だった。

実家にハガキを書いた。

 

朝/目玉焼き、ミニトマト、千切りキャベツ

昼/月見粥、しそ梅干し、高菜漬け

おやつ/コーヒー、汁粉(レトルト)

夕/いわしのぬか漬け焼き、鮭缶とトマトとしょうがのスープ